JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先ほど、メールアドレスを入力せず送信しましたので再度記入し送信します。 抜釘に関しての質問です。 私は62才の主婦です。 平成22年10月に右足間接両果骨折で右足の右側にチタ

解決済みの質問:

先ほど、メールアドレスを入力せず送信しましたので再度記入し送信します。
抜釘に関しての質問です。
私は62才の主婦です。
平成22年10月に右足間接両果骨折で右足の右側にチタンの板で上部4本下部3本のネジ釘、左側に7~8センチの細長いピン状の釘2本が入っております。1週間入院してから、別の病院でリハビリ入院を1ヶ月程入院し松葉杖で歩行可能になってからは近くの病院でリハビリを約3ヶ月通院をしました。現在は通常どうり歩行をしてますが、足首に違和感が残り、足の甲に少し痺れの様な感じたりします。
将来的に抜釘手術を受けるべきか、迷っております。
抜釘後に細菌性による障害、ネジを抜いた後の骨に空洞が出来でき骨折の可能性があるとの事を聞いたり、年齢的の大丈夫なのか、と色々不安状態です。
どちらがいいのでしょうか?
又手術をした状態のレントゲン写真が有りますが添付方法が判りません。
又セカンドオピニオンに相談したら、との友人より提言があり、毎日が将来どうなるのか?
最良の方法を具体的にお教え願いませんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

 

抜釘手術の必要・不必要の判断は、患者様ごとの個人差が大きく、また医師間、医療施設間でも方針に違いがあるものですので、あまりこうしたネット相談には向いていないかもしれません。

 

あくまで一般論として私の個人的意見を述べるならば、

①相談者様が比較的高齢である。

②現在気にされている症状(足首の違和感、足の甲の痺れの様な感じ)がスクリューの残置によるものかどうかわからず、リスクをとって手術をしても改善が得られるかどうかわからない。

という2つの理由をもって抜釘はお勧めしません。

 

抜釘手術に伴う合併症(麻酔関連、血管や神経の損傷)の発生確率は約3%です。荷重関節ですので、術後の再骨折のリスクもあります。

 

一方で、抜釘しなくてもスクリューに雑菌がついて感染症を起こすリスクは0ではありませんが、抜釘に伴うリスクには及びません。

 

初めの手術から1年と少し経っていますから、抜釘手術を受けられるのであればそろそろ良いタイミングかと思います。骨は完全に癒合している可能性が大ですし、時間が経つにつれてスクリューの固着が進んで抜釘の難易度が高くなります。相談者様はさらにお歳をとられるわけですから、手術のリスクも増します。抜釘するなら、決断は早い方がいいでしょう。

 

こうした利害得失は既に理解された上で、それでもどっちつかずで結論が下せない不安感がむしろ現在の相談者様の抱かれている一番大きな問題であるように推察します。

これは一般論なので、相談者様に当てはまるかどうかはわかりませんが、高齢の患者様ほど「体内に異物が入っている」ことに対する心理抵抗が強い傾向があるように思われます。

 

主治医に「足首の違和感、足の甲の痺れの様な感じはスクリュー、手術をしたら改善が得られるか」を尋ねられ、明確なイエスが得られない限りは手術はしないことを選択されるのが賢明かと存じます。

 

もし主治医の説明を受けてなおご不安があれば、別の整形外科を受診されて、実際に相談者様の足を診ていただいてセカンドオピニオンを受けられるべきでしょう。

ただ、一番最初に述べた通りに医者によって言うことがまったく違ってきますので、違う意見を言われたらどうするかは予め決めておくべきでしょう。

 

どこかで、「基準」を作らなければ、不安状態は続くのではないかと愚考致します。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容にご不明な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

整形外科 についての関連する質問