JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

茨城県在住の30代女性です。 実家の母についてお聞きしたく、利用しました。 母は千葉県在住で65歳、66歳の父と

解決済みの質問:

茨城県在住の30代女性です。
実家の母についてお聞きしたく、利用しました。
母は千葉県在住で65歳、66歳の父と二人暮らしです。子供は私含め娘3名で皆嫁いでいます。

母は30代の頃から統合失調症で、過去3度の精神科入院経験があります(毎回1年間ほど)
最後の入院は5年前位ですが、家族間できちんと病気について理解し、本人 も勉強をして
現在は通院とお薬で安定しています。

10年前に軽度の脳梗塞をやっており、こちらも早期だったので 通院・お薬でよくなりました。

3年前には肺炎にかかり、1ヶ月ほど入院しています。


というように、ずっと病気との闘いの日々でやっと最近落ち着いたとおもっていたのですが、
最近は坐骨神経痛が出てきて、2~3年前から体が右に傾いてしまう現象が起きて悩んでいました。

先日(12月末頃)歯が悪くなり、歯を抜いたところ、その影響であまり食欲がなく、きちんと食べていなかったせいか
ここ2~3日でいきなり歩くのが困難になってしまいました。
以前から体が傾いていて、しゃきしゃきは歩けないので坐骨神経痛が悪化したのかとも思いましたが、
本人は痛いところは全然ないそうで、急に歩けない・腰がお婆さんのように曲ってしまう 
という症状が出て困っています。まだ65歳なのに。。。
トイレなどはなんとか行けるそうですが、買い物などは無理なので、介護保険申請も考えています。

今まで病気も多かったので、たんなる老化現象なのか、坐骨神経痛の悪化なのか、それとも脳や神経の病気の
影響なのか 判断が付かず悩んでいます。
大きな病院できちんと調べた方が良いのか、アドバイスをいただければと思います。

長くなり、すみませんです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

お母様が呈されているのはPisa(ピサ)症候群といって、統合失調症のお薬を長期に服用していたことによる副作用である可能性が高いと思われます。

http://jetkai.blogspot.com/2011/07/blog-post_20.html

 

もちろん脳梗塞の既往もありますので、脳神経外科や神経内科で検査を受けられ、他に考えられる原因が無いかどうかは確認された方がよろしいかと存じます。

 

Pisa症候群だった場合、これは難治の副作用で、精神科のお薬の調整が必要です。

精神科が大学病院にかかられているのであれば、まずそちらで相談されるといいでしょう。

大学病院といっても色々ですが、仮にも大学病院の精子泣きならば、Pisa症候群の病態や対処についてはご存知であろうと考えます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
訂正

精子泣き⇒精神科医
です。

恥ずかしい変換ミスをしました。
ご容赦ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

迅速・丁寧にご対応頂きまして本当にありがとうございました!!!
変換ミスの件承知致しました。

 

さっそくピサ症候群に関しまして詳しく調べてみました。
その他でも精神病の薬についての副作用のことなど色々と調べてみたところ、
細かなことですが、手に力が入らない(重いものがもてない)/便秘がひどい/動作が遅い/表情が乏しい/目の動きが変/早く歩けない ・・・など 今まで気になっていた様々な症状も副作用の影響であると気が付くことができました。

 

勉強不足であったと反省しきりですが、今まではとにかくきちんと薬を服用して状態を安定させることとお医者様にも言われ、きちんと飲ませることに努めてきたので、こんなにも副作用が強いこと・影響があることに驚いています。

 

明日さっそく大学病院の精神科含め、脳外科・整形外科にかかる予定です。

 

一つ疑問でしたのは、誰が見ても体の傾きに気が付くほどなのに(4~5年前からひどくなりました)精神科の先生は気が付かなかったのかなと、少々怒りがこみ上げます。
過去、体の傾きを心配し、脳外科系かと思い CTなども取ってもらった経緯もあります。結果は以上なしでした。病院も一緒ですのでカルテの内容も共有していると思うのですが・・・副作用の可能性などは1度も聞いた記憶がありません。

 

状態が改善されない場合はセカンドオピニオンも検討したいと思います。

 

本当に本当に霧が晴れたように、疑問が解決できました!

本当に有難うございました!!!

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

おはようございます。ご連絡ありがとうございました。

 

抗精神病薬は運動系の副作用、一般的にはパーキンソン病と類似の症状を副作用として起こし、さらには長期的な副作用として遅発性ジストニア(Pisa症候群はこの一種です)や遅発性ジスキネジアと呼ばれる、難治の不随意運動(自分の医師ではコントロールできない運動)が出現することがあるお薬です。

 

これほど副作用が強いお薬の使用が許容されるのは、統合失調症という疾患の症状を抑えることにそれだけの価値があるから、なのですが、投薬前、もしくは症状が落ち着いてからでも、いわゆるインフォームド・コンセントを患者様やご家族から得ておくことが重要です(米国だったらそれをしなければ医療訴訟になります)。

実際のところは副作用を説明されたからと言って「じゃあ治療は受けません」と言える病気ではないのですが、それでも、実際にその副作用が起きた時のご家族の不安は緩和されるでしょうし、対応も大きく違ってくるはずです。

 

その点、お怒りはごもっともだと思います。

その大学病院の体質として、「統合失調症だから副作用が出ても仕方が無いだろう」というおごりのようなものがあるのかもしれません。

 

前述の通り難治の副作用ではありますが、お母様の一日も早いご快癒を祈念しております。

整形外科 についての関連する質問