JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

肘から少し先(手首寄り)の筋肉痛がずっと治りません。それほど酷くはないのですが成人男性が普通に持ち上げる事のできるようなものでもそれを持ち上げる際等に腕をかばってしまうなど、時々生

解決済みの質問:

肘から少し先(手首寄り)の筋肉痛がずっと治りません。それほど酷くはないのですが成人男性が普通に持ち上げる事のできるようなものでもそれを持ち上げる際等に腕をかばってしまうなど、時々生活にも支障があります。
病院からはVoltaren Gel 1%を処方されていますが、効いているような感じはありません。ただし、この病院の先生は別件で伺った時に、私の話だけを聞いて前述の薬を処方してくれただけで、なんら診察をしたわけではありません。もう半年近くも続いているのでちょっと心配になって来ています。アドバイスを頂けますと幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山です。

「それほど酷くはない」とのことですが、「時々生活にも支障が」おありとのことですので、それなりの痛みなのだと推察します。

①「手首寄り」とのことですが、前腕の手首寄りの部位は段々と筋肉が細くなっていって腱に移行していきます。痛いの腱でしょうか。筋肉でしょうか?

②痛みの場所をもう少し特定したいのですが、「手首(腕時計を巻く位置)から肘に向かって○cm、前ならえをした場合の手のひら側 or 手の甲側、または上側、下側」という表現でどの場所かを教えていただけますか?

③前問からの流れになりますが、サックスを弾くときにはその筋肉痛は苦になりませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
1.痛む部位は、肘から手首へ向かってスタートしてすぐの、一番太い辺りの、親指側です。右手の方が少し痛いですが、症状は両側にあります。また、筋肉痛と言ってしまいましたが腱だと思います。普段はあまり感じなく、力を入れると痛みます。
2.腕時計から10cmから15cmくらい、前ならえをした場合は上側、となります。
3.サックスはストラップで首から吊っていますから、あまり痛みは感じません。矛盾した表現で申し訳ありませんでした。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
痛い部位は下図の星印の部分に近いでしょうか?
パソコンからの投稿ではないためリンクが張れないので、コピー&ペーストで下記アドレスをご使用いただけますと幸いです。

http://www.musculature.biz/img/k69.JPG
質問者: 返答済み 5 年 前.
頂きました絵は、かなり手首よりですよね?
もっと肘に近い辺りです。それで、一番太い部位の親指側と表現しました。
わかりますでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
腕時計から10cm、というところで迷って確認させていただきました。
疼痛部位、了解しました。

本日そろそろ閉店ですので、日本時間1月2日朝以降に回答させていただきます。よろしくご了解ください。

※これに対するご返信は不要です。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。
確認させていただいた部位から考えて、長撓側手根伸筋を中心とした筋痛だと思われます。
http://www.i-l-fitness-jp.com/comment/img/img45-4.jpg

手首を伸展させるための筋肉のひとつですが、前腕の筋肉は上図のように複雑に入り組んでいますから、一つの筋肉だけがダメージを負うことはあまりありません。

前腕の筋肉は主に手首と指を動かす筋群ですので、これらの筋肉やそれに連なる腱の痛みは手首を酷使するスポーツや、事務作業によって起こることが大半です。
スポーツだとテニスとゴルフ、事務作業ではパソコンの操作が前腕筋群の痛みの原因になることが大半です。

対策はまず安静とアイシングです。
とはいえもし平素のお仕事でパソコンを使われることが原因であるなら安静は難しいでしょうから(手首の下に入れて前腕の負担を減らすパッドのようなものが発売されていますが)、まずアイシングでしょうね。湿布は実はあまり軟部組織を冷やす効果はないので、氷嚢を使って、感覚が無くなるまで冷やすことを繰り返す方法をお勧めします。
あとは、その筋肉のストレッチをまめに行うと予防処置になります。
ボルタレンは、塗ってもいいかな、くらいに思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問