JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

VDT症候群が原因ではないかと思う点が多々あるのですが・・・ パソコン作業・データー入力etc勤続年数的に長すぎた

解決済みの質問:

VDT症候群が原因ではないかと思う点が多々あるのですが・・・
パソコン作業・データー入力etc勤続年数的に長すぎたのではないかと思います。
症状としては、
内  科=胃腸障害・食欲不振・慢性疲労症候群
整形外科=ひどい首・肩こり・背中・腰、頭痛
心療内科=抑うつ状態
眼  下=眼精疲労・視力低下等々

で、心身共にぼろぼろになり、退職しましたが、今後どのように対処すればいいのか・・
教えて頂ければ、幸いかと存じます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりたいと思います。

現在の様子をもう少し教えていただけませんか。

年齢と性別、そして現在の診断名、既往等。そして服用されているお薬は?
痛み止めの注射の名前もわかりますか。

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

 はじめまして。宜しくお願い致します。

 

 年齢=55歳 性別=女性

 

 整形外科は

 変形膝関節炎で、左膝関節腔内注射=リドカイン注「NM」2%2mlv

                          アダントディスポ関節注25mg 1%2.5ml1筒

            右膝関節腔内注射=リドカイン注「NM」2%3mlv

            筋注=塩酸メピバカイン注射液1%1ml5mlv

 

 消炎鎮痛等処置器具による療法

 肩甲背神経ブロック(局所麻酔剤使用)

 塩酸メピバカイン注射液1%1ml5mlv

  

 ※膝・腰・肩の治療

 

 

 

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。

しばらくお時間をいただけるとうれしいです。
ただいま勤務中ですので、時間ができ次第もう少しお話しさせてくださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

 わかりました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
慢性疲労症候群と いう診断名をみた時に、ふと頭の中をよぎったのが、繊維筋痛症という診断名なのですが、このサイトを一度開いてみて、ご意見を伺いたくおもいます。
あなたの状態がこれに当てはまるかどうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/線維筋痛症

コピペをして、検索願います。

なぜこの診断名を持ち出したかというと、比較的新しいコンセプトのため、なかなか診断がつかないことと、慢性疲労症候群は決してひどい痛みを伴わない診断名だからです。

ゆっくり読んでみてお返事をお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

 こんにちは。

 

 繊維筋痛症なんて、あまり聞いた事がないですね・・・

 

 理解しにくい病名ですが?

 

 今後、どのどうな対処をしたらいいのでしょうか?

 

 話が前後しますが、20歳の時、甲状腺機能亢進症で治療をしました。

 

 25歳で、肺サルコイドージスになり、結核とよく似た症状なので、

 

 検査入院してみないと、治療法は解らないと言う事で、リンパ球を培養して、

 

 プレドニンを飲んで、すっかり完治したと思われますが・・

 

 とにかく、今は、整形外科と内科と心療内科で治療中です。

 

 このまま、治療続行すればいいと言う事になりますか?

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

送ったURLをコピペして検索してみましたか。
今、経験されている症状に近いと思われますか。
いかがでしょうか。

もし近いようなら、提案があります。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
繊維筋痛症に関する重要なサイトをここに上げさせていただきます。

http://www.hospital-navi.com/senikintuusyou.html

http://www.jfsa.or.jp/

http://jcfi.jp/

まずは、この疾患に詳しい医師を探すことです。
サイトを読んでもおわかりのように、なかなか知られていないために診断が遅れます。
これと言って特効薬はないかもしれませんが、この病気とうまく付き合っていくためにはひとつひとついろいろな方法を試してみることです。
お答えは西洋医学にはないかもしれませんし、針灸やなどの代替医療にあるかもしれません。

私のよく診察する患者さんでこの繊維筋痛症の方がおられますが、彼女はリリカと抗欝剤を併用して乗り切っておられます。
人それぞれ違うのでなんとも言えませんが、抗痙攣剤を使われている方もありますしね。

私の予想ではおそらくあなたは繊維筋痛症だと思います。
知っているのと知らないのとではやはり雲泥の差がありますよね。
もし参考になるようでしたらうれしいのですが。

いかがでしょうか。

docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問