JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

はじめまして京都在住42歳上田と申します。どうぞよろしくお願いします。 10年前に仕事中に不注意でトラックの荷台か

解決済みの質問:

はじめまして京都在住42歳上田と申します。どうぞよろしくお願いします。
10年前に仕事中に不注意でトラックの荷台から落下し、左肘の粉砕骨折をしました。お医者さんとの相談で砕けた骨の欠片をビスで固定するとゆう治療方法を取りました。 1年ほどリハビリして回復の様子を観てたんですが、肘の可 動が不十分でしたので、肘の専門のお医者さんを紹介していただき、再手術しました。生活に支障ないぐらいになったので労災をとりあえず打ち切りました。 1回目の手術後のリハビリからだったと思うんですが、肘が瘤のように出てきてまして3年ぐらい前から大きくなってるような気がしていたんですが、生活には問題ないので放置してました。
今年の5月ぐらいからは年齢のせいで肉が痩せてきたからなのか、その肘を触るとビスらしきものがわかるようになり、関節を曲げると皮がビスにあたって引っ張られるような痛みを感じるようになりました。 仕事が忙しかったので騙し騙ししてたのですが、2週間ほど前から左手に力が入りづらくなり、少し無理した力仕事をすると痛みが取れなくなり、最近は重たい痛みをしたままほぼ左手を使わず生活している状態です。
 お聞きしたいのは、これから診察してもらう病院またはお医者さんなんですが、10年も前ですので、以前治療して頂いたお医者さんも肘の専門のお医者さんもその病院にはおられないで、その病院の先生に、専門医を紹介して貰ったほうがいいのか、自分で新たに探して診てもらったほうが良いのかお教えていただきたいです。
 あと治療方法の参考に教えていただきたいのですが、その当時 肘の欠片をビスで固定する以外に肘の関節を摘出し偽関節を付ける方法と欠片を摘出するだけの方法の提示がありました。 その時の判断は最善だと思っているんですが、最新の方法や先生が思う最善の方法を教えて頂きたいです。
お答え頂けたら凄くうれしいです。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私は、整形外科のケースをたくさん扱う救急医です。
お力になりたいと思います。

まずは、今の状態がかんばしくないですね。
ここ数日の痛み、どのようにされているのでしょうか。
痛み止めは?
痛みがあるうちは、絶対にその肘を安静にして消炎効果のある痛み止めを服用する必要がまずあります。
例えばイブプロフェンなどですね。

さて、お尋ねの件ですが、手術の記録が残っている同じ病院から、始める方がいいと思います。
その記録を元に一番いい方向へと導いてもらえる可能性が高いからです。
ご自分で探されるより、それが一番いいでしょう。

それから、5月の時点でのレントゲンは異常がなかったとい うことですね。
しかし、それから半年以上経った今、やはり、新しいレントゲンやCT等は必要です。
どのようなビスを使ってどのような手術が行われたのかがわからない上でのアドバイスは難しいのですが、今現在の骨の状態をつかんだ上での専門医の評価は必須です。
ビスがずれている可能性もありますしね。

最近の動きとしては、新しいいろいろな術式が確立されてきていますが、チタンを用いた骨折部位の固定法が多く用いられるようになっていますね。ただし、あなたの場合は、骨折が今起きたのではなくもう治療済み、そして術後10年という歳月が流れていますので、それにみあった治療法をとって行かなければならずここで最新式の治療法をいくら書き上げてもそれがあなたのケースの適応するのかは???です。

肘や膝等の大きな関節はしっかりその専門医にかかって適切な治療をする、若しくは再手術もあり得る、そしてその後のリハビリも含めて大変大きな問題です。

焦らずに、まずは、患部を安静に保ち、消炎/鎮痛剤を服用され、同じ病院から当たって下さい。

その他にご質問があるようでしたら承ります。
docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問