JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

61歳男性。50歳頃から右手第一関節のふくらみに気付き痛みが出ました。時に激痛が走りました。 会社の定期健診で「し

解決済みの質問:

61歳男性。50歳 頃から右手第一関節のふくらみに気付き痛みが出ました。時に激痛が走りました。
会社の定期健診で「しばらく様子を見たら」の回答。2年程痛みが続きその後痛みが和らぐと同時に第二関節にふくらみが出て痛みが移行。毎年の健診でも「様子を見よう」の回答だけで手当て無し。今から2年前、痛みに耐えかね整形外科に受診、先生から「血液検査の結果では関節リウマチでは無い。半分は加齢、半分は原因不明、痛みは次の指に伝染する。我慢するしかない」との回答。事実、小指の痛みが治まって来るのと同時に右手人差し指の第二関節がふくらみ激痛が発生して来ました。痛み耐えがたし。ネットで、ヘバーゲン結節、ブシャール結節を知り正に自分の症状に当てはまるのではと。とにかく痛みを何とかして欲しい、進行を止める事は出来ないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

ご記載の症状は、確かにヘパーデン結節、ブシャール結節である可能性が高いと考えられます。

ただ、痛みに関しては「我慢するしかない」ということはございません。
変形性関節症の一種ですので、通常の消炎鎮痛剤は有効ですし、ステロイドの関節内注射が行われることもあります。
疼痛コントロールは重要ですので、そういった治療は積極的に受けられるべきでしょう。

上記の対症療法に留まらず、「進行を止める」となると現在までのところ確立した治療法は無いのが現実です。
学術的に比較的水準が高い研究で、コンドロイチンやグルコサミンの進行抑制効果を示唆するものはございますが、効果は限定されたもののようです。
http://www.hakatara.net/images/no5/5-2.pdf

民間療法や代替療法の領域で「ヘパーデン結節に効く」「ブシャール結節の進行を止める」と謳う高額商品が多く見られますが、これらに目を向けられるべきではないと愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問