JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 薬・調剤・漢方 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

とり急いで申し訳ございませんが早速以下に質問内容簡略に記載します。

解決済みの質問:

とり急いで申し訳ございませんが早速以下に質問内容簡略に記載します。
1・H28・3月頃より現況1週間前まで(約3か月)リノロサールわかもと製薬
(ステロイド2mg0.4%×6A)使用、ほぼ、毎日(肩こりのため、キシロカイン希釈の筋肉注射)
2・身体的弊害症状:精神不安定・不眠・血糖値上昇・ムーンフェイス・体重日内変動(増加)尿量減少
手の震え・上半身過多・腹部圧迫感・関節痛・下肢の著明な浮腫・労作時の息切             れ・
3・減量方法に苦慮
※可能であれば、3記載の減量方法をお教え頂けないでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

ご質問いただき誠にありがとうございます。

しかしながら、ステロイドであるリノロサール(一般名:ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム)の0.4%注射液は「肩こり」には保険適応がありません。

http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00052006

しかも高用量を長期連用していたようです(さらにキシロカインも)。

①どれくらいの医療機関の何科で、なぜ、このような、副作用が出て当然のお薬の使われ方をされてきたのでしょうか?

②「可能であれば、3記載の減量方法をお教え頂けないでしょうか?」とのことですが、かなり特殊なステロイドの用いられ方であり、一般論として減量法を提示することは不可能事だと思います。患者様の様子を緊密に観察しながらのフレキシブルな用量調整・対応が必要です。主治医に本件は相談されていないのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答の内容通り、当方も観察をしながらの容量調整が必要と思われます。ただ、恥ずかしながら、使用していた本人自身が医師なので・・・セカンドオピニオンをつけるのに抵抗があると思います。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

③医師であるご友人ご自身がご自身に対して処方・使用していたということでしょうか?

④ご友人が医師なのであれば、ご自身で減量方法を決めることができるのではないでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36074;問内容回答有難うございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さいますようご友人にお伝え下さい。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の薬・調剤・漢方カテゴリの専門家が質問受付中

薬・調剤・漢方 についての関連する質問