JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
満足したユーザー: 4088
経験:  医師、医学博士 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 薬・調剤・漢方 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

潰瘍性大腸炎のステロイド剤の影響について 26年8月22日、入院して、点滴にて10日間(水溶性プレドニン10mg5

質問者の質問

潰瘍性大腸炎のステロイド剤の影響について
26年8月22日、入院して、点滴にて10日間(水溶性プレドニン10mg5管~4管)、その後(3管)になり
飲み薬のプレドニソロン5mg×4錠から始まり、
9/17 プレドニゾロン ⇒(5錠)
10/1 ⇒(4錠)
10/15 ⇒(3錠)
10/29 ⇒(2錠)
11/12 ⇒(1錠)
11/26 ⇒(一日おき1錠)
12/10 ⇒(ナシ)
ステロイド剤をやめて1年以上経っていますが、未だに手足の痺れと力が入らず
歩く際や階段の上りに足が上がらない、しゃがむと立ち上がれない、
同じ姿勢を30分続けると、かたまってしまいます。
股関節、膝、などがギスギスした感じです。
消化器内科の他「リウマチ科・整形外科・神経内科」など受診しても、原因が分かりません。
先生により、ステロイド剤の副作用だと言う方と、一年以上経って影響がある訳がないと意見が分かれます。
兎に角、日常生活が辛いのです。体質としては薬に対して過敏で、飲めない薬が多いです。
原因と対処方法が知りたいのです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
その痺れはステロイドの副作用ではないと思います。可能性としてはビタミンB12の欠乏や潰瘍性大腸炎からの末梢神経障害が考えられます。その股関節、膝のこわばりは潰瘍性大腸炎によるものと思います。ビタミンB12の欠乏がないか調べてもらい、無ければスルファサラジン、メトトレキサート、またはインフリキシマブを消化器内科で処方してもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の薬・調剤・漢方カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
そのお薬は、副作用はありませんか?また、食品等で該当する物はありませんか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
副作用のない薬はありません。スルファサラジンはその中で比較的副作用の少ない薬です。その副作用の可能性としては発疹やかゆみ、吐き気や嘔吐、食欲不振などです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
調べてみた所、スルファサラジン⇒抗がん剤とありますが、間違いではありませんよね?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
抗がん剤はありません。スルファサラジンは、 別名をサラゾスルファピリジンとも言い、潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患の治療薬として広く使用されてきた薬です。あなたの消化器内科の医師が知っているはずです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
スルファサラジンを検索したら、ガン治療と云う言葉が出てきたので…びっくりしてしまいました。
お世話になりました。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
どういたしまして。
ではお大事に。

薬・調剤・漢方 についての関連する質問