JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ringo2014に今すぐ質問する
ringo2014
ringo2014, 薬剤師
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
満足したユーザー: 73
経験:  薬学部薬学科卒調剤歴30年
77758780
ここに 薬・調剤・漢方 に関する質問を入力してください。
ringo2014がオンラインで質問受付中

質問ですが、現在、チザニジン錠1mg(サワイ)とリリカカプセル75mgとセレコックス錠100mgを服用していますが、

解決済みの質問:

質問ですが、現在、チザニジン錠1mg(サワイ)とリリカカプセル75mgとセレコックス錠100mgを服用していますが、少林寺拳法していたために、再度、筋肉増強の為に、筋肉増強サプリを服用したいと思いますが、どうでしょうか?主治医より就業不可と運動ができない為に、筋肉増強サプリは、無理でしょうか。よろしくお願い致します。病名は、難治性下肢痛です。脊髄刺激療法しています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
専門家:  ringo2014 返答済み 2 年 前.
はじめまして。よろしくお願いいたします。筋肉増強サプリの成分はどのようなものでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

筋肉増強サプリですが、メーカーと成分等は、決めていません。成分的に、駄目な成分は、ありますか。

専門家:  ringo2014 返答済み 2 年 前.
サプリメントはたくさんあり過ぎて、調べるのが困難です。できれば、サプリメントの成分が決まってからの方が、飲み合わせや副作用の有無をはっきりさせることができます。または、データーが無い等。現段階では薬学的に言いますと、チザニジンは肝代謝でのCYP1A2を誘導するサプリメントはNGです。リリカは腎機能低下症には良くないので、高タンパク質大量摂取やサプリメントでのカリウム摂取はNGです。セレコックスは水、ナトリウムの貯留が起こる可能性があり、多くの水分接収や水分貯留作用のあるナトリウムなどはNGです。ナトリウムと言っても塩ではありません。ナトリウム化合物を指します。そして、薬物代謝酵素CYP2C9で代謝されまた、本剤はCYP2D6の基質ではないが、CYP2D6の阻害作用を有するサプリメントはNGとなります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

わかりました。4種類のサプリですが、一つ目の成分が、L-シトルリン、デキストリン、L-アルギニン、ビタミンC、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンE(大豆由来)、葉酸です。

二つ目の成分は、L-アルギニン、トンカットアリエキス末、ムイラブアマエキス末,酵母(セレン、亜鉛含有)、有機マカ末、L-シトルリン、ドロマイト(炭酸Ca・Mg含有),ゼラチン(ブタ由来)です。

三つ目の成分は、リドカイン /2.0g、ジフェンヒドラミン塩酸塩 /2.0g/、イソプロピルメチルフェノール/0.1g/(殺菌成分) トコフェロール酢酸エステル /0.3g/(ビタミンE) 、エデト酸Na、グリセリン、ラベン、ベヘニルアルコール、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ミリスチン酸イソプロピル、ステアリン酸グリセリン、ラノリンアルコール、流動パラフィンを含有するです。

四つ目の成分が、 鶏肉抽出物、乳タンパク、L-シトルリン、L-オルニチン塩酸塩、D-ソルビトール、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、微硫酸化ケイ素、L-ロイシン、L-アルギニン、L-グルタミン、L-バリン、L-イソロイシンです。

飲み合わせや副作用の有無を、調べてください。お願い致します。

専門家:  ringo2014 返答済み 2 年 前.

1つ目の、

L-シトルリン 危険情報:なし 医薬品との相互作用:なし

参考:健常男性8(27.6±1.5) を対象とした空腹時試験において、シトルリン2 g5 g10 g15 gの単回摂取は安全に使用できたという報告がある

筋肉増強を目的としたサプリメント使用による虚血性大腸炎の症例報告

健康な42歳男性 (アメリカ) が、「ウエイトリフティングサプリメント」と称した筋肉増強を目的としたサプリメント「NO-Xplode」を4日間使用したところ、下腹部の筋痙攣や血便を伴う下痢をおこして医療機関を受診し、当該製品との因果関係が疑われる虚血性大腸炎と診断された。製品の使用を中止したところ、3ヶ月後には症状が回復した 。
当該製品にはL-アルギニンやL-シトルリン、rutaecrpine (ゴシュユ (学名:Evodia rutaecarpa) に含まれるアルカロイド) gypenoside (アマチャヅル (学名:Gynostemma pentaphyllum) に含まれるトリテルペノイドサポニン) 、カフェインなど、32以上の成分が含まれていた。今までにも当該製品によって吐き気や虚弱、下痢などの有害事象が報告されている。

ビタミンCは腎結石を作りやすいので、ご年齢からしてお勧めはできません。

以下、一つ一つ成分を調べますと、詳細は膨大なな量になりますので、割愛いたしますが、

2つ目の、

トンカットアリエキス末は、心臓に負担をかけます。

3つ目の、

リドカインは、不整脈にも使いますが、使用方法を誤ると心臓に負担をかけます。

4つ目の、

L-シトルリンは上記のとおりです。

すべてのサプリメントにおいて、薬との相互作用はありません。

総合判断:4種のサプリメントは多かれ少なかれリスクを伴います。

これは薬と同じ考え方です。

厚生労働省の健康食品の定義に、健康食品を食するものは健康な人とあります。

健康な人とは、医薬品を内服してないかつ疾病に対して医師からの診断名がない人を指します。

つまり、医薬品を内服しながら健康食品を飲むということは、予期せぬ事態になる可能性があることを示唆しています。

それでも、ご使用をされたいというのであれば、4番目のサプリメントが他のものより、より副作用や相互作用が少ないです。

サプリメントを内服して体の調子がおかしい場合は、例えば発疹や発熱やおう吐や下痢など、等々、サプリメントを中止してください。

ringo2014をはじめその他名の薬・調剤・漢方カテゴリの専門家が質問受付中

薬・調剤・漢方 についての関連する質問