JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
89314に今すぐ質問する
89314
89314, 薬剤師
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
満足したユーザー: 52
経験:  調剤薬局勤務です。
60726366
ここに 薬・調剤・漢方 に関する質問を入力してください。
89314がオンラインで質問受付中

ダイアップ坐薬についての相談です。 3才8カ月の男児です。1才時に1回、2才時に2回複合型の熱性けいれんがあり、以

解決済みの質問:

ダイアップ坐薬についての相談です。
3才8カ月の男児です。1才時に1回、2才時に2回複合型の熱性けいれんがあり、以後発熱時にダイアップ6ミリ挿入肛して予防しています。
1回の使用でかなりのハイテンションになる上に、8時間後に2回目を入れるので、その後約1日間は病児保育にさえ預けるのが心配なほどの大騒ぎ状態になります。
2才以降はけいれんはおこしていませんが、脳波異常が出てきたため、経過観察となりました。
その際に診ていただいた先生(てんかん専門医)に上記の話をしたところ、今後は、ダイアップ4ミリを1回だけにしても大丈夫と言われました。
熱性けいれんの時に診ていただいた、総合病院の小児神経の先生も、「それでもいいですよ」と言われました。
親としては、薬が強すぎて息子がつらいのも心配な一方で、4ミリにしてけいれんが起きることも不安です(それも1回でよいとのことなので)。
この点を詳しくご説明、ご指導いたたけたらと思います。
息子の身長は93cm、体重は16kg弱です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
専門家:  89314 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
調剤薬局の89314と申します。

熱性けいれんの予防としてのダイアップ坐剤ですが「熱性けいれんの指導ガイドライン」において記載されているため、日本では頻用されています。
しかしながら、このガイドラインにはダイアップの使用には、以下のように場合に適応するとも書かれております。
・15〜20分以上遷延する場合
・短時間に発作が頻発する場合
・要注意因子(てんかん因子、熱性痙攣因子など)が2項目以上ある場合で過去に2回以上発作を経験している場合

また、米国をはじめ「熱性けいれんの再発予防は必要ない」としている国も多くあります。
これは臨床試験において、低用量では効果がないこと、高用量では効果があったものの副作用が多かったこと、などの理由です。

お子さんの熱性けいれんが複合型であるものの、最近の約2年間にけいれんを起こしていないこと、専門医のお二人が4mgで問題ないと判断したのは上記のような理由からだと思います。

幼児の場合、ちょっと激しく遊んだだけでも熱は上がりますし、熱性けいれんの既往がなくても風邪で39℃近くまで熱が上がります。

熱性けいれんを起こしているお子さんを見たくないという気持ちはよくわかります。
経過観察ということもあり、4mgはお守り代わり。使用しても治まらない時には救急で、という心構えで備えてみてはいかがでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のお返事、ありがとうございました。


わかりやすく、また丁寧にご説明いただき、どのように考えるのかが、よく理解できました。


いただきましたご回答を読んで、よく考えてもう一度ご談にのっていただけたらと思います。


2才時のけいれんが、15分以上続き意識の回復も悪く、覚醒する前に2回目のけいれんがおきたこと、また、けいれんをおこすたびに脳が発作をおこしやすくなることから、私としては、今後はできる限りけいれんをが起こることを防ぎ、少しでもてんかん発作につながる危険を回避したいと考えています。


その場合には、息子の場合には、4ミリを1回の使用では少ないでしょうか?


また、4ミリと6ミリは、どのような基準で使い分けるようになっているのでしょうか?


大変申し訳ありませんが、もう一度ご指導お願いいたします。

専門家:  89314 返答済み 3 年 前.
ダイアップ坐剤は、体重1kgあたり1回0.4〜0.5mgを1日1〜2回でなおかつ1日最高1mgとされています。
お子さんの体重が16kg弱ということで、1回6.4〜8mgで1日最高16mgとなります。
ダイアップ坐剤は1個4,6,10mgの3種が発売されています。
機械的に体重で計算すると6mgを1個、1日1回までということになります。

6mgを1個使用した時点で興奮状態(ハイテンション)になることから、1回量が多いと考えられます。
また2回目を使用すると最高量を越えてしまいます。
脳は異常が認められるもののけいれんは生じていなく、現状は経過観察。
副作用は出来るだけ減らしたい。
そのため、1回目を4mgとしけいれんが生じなければ問題なく、仮に2回目を使用する場合でも4mgもしくは6mgの選択の余地を残し、最大量を超えないようにするという意図ではないでしょうか?

機会的に判断をすると4mgは少ないかもしれませんが、お子さんの病歴を聞いた限りでは、一つの選択肢として十分納得できるものだと思います。

もし不明な点がありましたら、遠慮なくご返信ください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございました。こんなに丁寧にわかりやすく説明を受けたのははじめましてで、大変感謝しております。


どのような理由で処方されたのかが理解でき、整理がつきました。


大変申し訳ありませんが、ご説明いただいた内容にもう一点だけ質問させてください。


体重16kgの場合、最高量16mgで、6mgを2回使うと、1日の最高量を越えてしまう、とありますが、6mgを2回使うと12mgで、1日の最高量には満たないと考えるのではないのでしょうか?

専門家:  89314 返答済み 3 年 前.
ご指摘の通り、1日の最高用量を超えることはありませんね。
ダイアップ坐剤10mgの存在に気を取られて、最高用量を10mgと思い違いをしてしまいました。

2回目を使用しても最高用量を越えませんが、副作用がより顕著になるため、処方医は1日12mgの投与を避けたいのだと思います。
89314をはじめその他名の薬・調剤・漢方カテゴリの専門家が質問受付中

薬・調剤・漢方 についての関連する質問