JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 薬・調剤・漢方 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

姉が、ALSで入院していますが、不眠と深夜大きな声を出す(排泄したいという事と寝返りが打てないので体位転換をして欲し

解決済みの質問:

姉が、ALSで入院していますが、不眠と深夜大きな声を出す(排泄したいという事と寝返りが打てないので体位転換をして欲しいという事)という事 で(ゾルビデム酒石酸塩錠10mg.2錠とジアゼパム錠2「サワイ」2mg2錠)を服用させられています。
服用するとバランスがとれず言葉が喋れなくて怖いと本人は」、言っております。
しかし、病気の事もあって、もとから言語不明瞭なところはありますから進行しているためとも考えられます。また1週間の進行が早くなってきたと本人は言っております。
確かに私も進行が早いと感じています。

不眠、不穏というもののALSの患者に2種類の薬は、進行を早めるなどリスクが大きいと思いますが、どうなのでしょうか?
姉のALSの症状は、軽度の嚥下困難でかろうじて自分で痰を排出する事もできます。左手硬直、右手も動かす事が困難になってきています。立位はできなくなりました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。お待たせしました。

猫山と申します。精神科医です。
薬・調剤カテゴリの専門家(薬剤師)がオンラインではなかったため、ご質問内容も考慮し、運営側にお願いしてカテゴリ追加を行ってもらいました。

 

ゾルピデムもジアゼパムも「ベンゾジアゼピン作動薬」と分類されるお薬です。

このクラスのお薬は共通して催眠作用、抗不安作用、筋弛緩作用をもつため、個々のお薬の特性に合わせて睡眠薬として用いられたり(ゾルピデム)、抗不安薬として用いられたりします(ジアゼパム)。

 

筋弛緩作用がありますから、ALSの方の病状を修飾して悪化させてしまう恐れがあり、通常、ALSの患者様に対するベンゾジアゼピンの使用は慎重に行われることになっています。

「2種類の薬は、進行を早めるなどリスクが大きい」というわけではありません。

進行を早めてしまうのではなく、その時その時でALSの症状にベンゾジアゼピンの作用の一つである筋弛緩作用が重なって、ALSの症状が悪くなってしまうように見えるのです。

ベンゾジアゼピンを中止し、薬が体から抜ければ、服薬前の病状にまでは戻ります。

 

お姉様の場合は、ジアゼパムが特に悪さをしていると思われます。

このお薬は数日は体に残る作用時間の長いお薬で、筋弛緩作用も強いため、ALSが無くとも高齢者の方に使用した場合、ふらつきによる転倒や呂律の周りの悪さが起こることがあります。これほど長時間作用型のお薬をご記載の病状に対して用いる必要は無さそうに思われますので、ジアゼパムは中止を検討されるべきでしょう。

 

ゾルピデムは筋弛緩作用が少なく、ALSの患者様の不眠に対して向いていると思います。 しかし量が多いですね。ゾルピデムの最高承認用量は1日10mgですから、10mg錠を1回に2錠飲むと、過量投与になってしまいます。

 

ジアゼパムの中止と、ゾルピデムの減量をお勧めいたします。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の薬・調剤・漢方カテゴリの専門家が質問受付中

薬・調剤・漢方 についての関連する質問