JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
89314に今すぐ質問する
89314
89314, 薬剤師
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
満足したユーザー: 52
経験:  調剤薬局勤務です。
60726366
ここに 薬・調剤・漢方 に関する質問を入力してください。
89314がオンラインで質問受付中

こんにちわ 渡辺と申します。 今インドネシアのバリ島にいて、熱を出してしまいました。 日本にいる時は頭痛、熱が出

解決済みの質問:

こんにちわ 渡辺と申します。
今インドネシアのバリ島にいて、熱を出してしまいました。
日本にいる時は 頭痛、熱が出た時にはイブを飲んでいます。
良く効いていたんですが、
今回39.5度まで上がり、2日間で5回イブを飲んでいますが、下がっても37度台
薬がきれはじめると、38度台まで上がってきます。
現地の病院に行ったところ、扁桃炎だと言われ
ZISTIC(抗生物質?)を1日1回
RHEMAFAR(喉の痛み)を1日3回分処方され、熱冷ましはイブを飲んでとの事
処方された薬とイブとの飲み合わせ(一緒に飲んで大丈夫?)
イブは連続でどれくらい飲んで大丈夫でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
専門家:  89314 返答済み 5 年 前.
一口にイブと言っても、内服薬としてイブクイック頭痛薬、イブA錠、イブの三種類が発売されています。
しかしな がら主成分はイブプロフェンという鎮痛成分で、三種類とも2錠中150mg含まれています。
この2錠というのは成人量です。
商品に添付されている添付文書にも書かれていますが、成人では1回2錠、間隔は4時間以上空けて、1日3回までです。

イブプロフェンは世界的に用いられている痛み止めの成分なので、現地の医師が併用してというのであれば、問題ないと思われます。
ZISTIC、RHEMAFARという薬についての調べたのですが、主成分を知ることができませんでした。

扁桃炎であれば、イブプロフェンによる解熱鎮痛、抗生物質による感染予防は一般的な処方です。
三種を併用し、安静にして様子を見るのがよいと思います。
89314をはじめその他名の薬・調剤・漢方カテゴリの専門家が質問受付中

薬・調剤・漢方 についての関連する質問