JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
89314に今すぐ質問する
89314
89314, 薬剤師
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
満足したユーザー: 52
経験:  調剤薬局勤務です。
60726366
ここに 薬・調剤・漢方 に関する質問を入力してください。
89314がオンラインで質問受付中

5 29

質問者の質問

最初突然に5月29日に耳鳴りがしました
耳鼻科では、なにも異常がありませでんでした
耳鳴りではなく鳴り、脳が鳴りがしたので脳神経科に行きましたらMRIでは全く 異常はありませんでしたが、

クラシエ苓桂朮甘湯
ジフェニドール塩散塩
エリスパン
メコバラミン
今は、を服用しております

ほかの病院にも行き、血液検査をしましたらコレステロールが多い(数値156)
エコーでも首のあたりを調べましたら血管がが詰まっているような写真でした。
この影響で脳鳴りがある・・ということで

ストミン
シンスタチン
ファモター
マツウラ釣藤散

を飲んでいます。
神経を抑える注射をしてくれますがその時に音は止まります
私は神経系だと思います
血液をサラサラさせる薬も以前に出されましたので飲みましたら脳で音が大きくなて気が変になりそうでした。
その旨を伝えましたらその薬は飲まないでいいので今出している薬を飲むように・・

ということで
2件の病院で病院の薬を飲んでいます。
神経系を抑えるような薬を飲みたいと思いますが
そこで相談です
どうしたらいいのかな?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
専門家:  89314 返答済み 5 年 前.
現在服用をしているエリスパンは、マイナートランキライザーと呼ばれ、神経系の薬です。
ジフェニドール塩酸塩とストミンが、同じような目的で処方されており、漢方薬二種類も同じような目的での処方と思われます。
新たな病院にかかる前に、双方の医師に現在服用している薬を伝えたほうが良いでしょう。
そして自分の症状を改めて相談してみたほうが良いと思います。

このままでは、新たな薬が増えるだけで、症状が改善しないということにもなりかねません。
89314をはじめその他名の薬・調剤・漢方カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

同じようなお薬を飲んでいるんでしたら何かを減らしたいと思います。同じようなお薬を飲んでも効き目が倍になるということはないと思いますので減らすとしたらどのお薬でしょうか?

ビール酵母とかクロ酢とかいろいろと勧められますがビール酵母は飲んでおります

 

月曜日に病院に行きますが、とにかく患者がいっぱいで、ベルトコンベアーに乗って次から次へと患者を送り出すような感じ、でとてもゆっくり話ができませんのでこちらで相談しております。

よろしくお願いします

脳鳴りのお薬っていったいどんなお薬がいいのでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

さらに質問をしましたが回答がありませんでした。1回きりの質問に対する回答が1500円でしょうか?

私の場合は無難聴性耳鳴りで高いキーンとおいう音がしております

それでお薬が同じようのものです。という回答をいただきましたが、

では減らしたいと思いますが、何かもっと良いお薬がありましたら教えてほしいです。

それでも、もう1500円では答えができないという状態であれ回答を承諾いたしますが、

この件について何でもいいですのでお返事ができるようでしたらお返事をお願いします。

お返事ががあり次第承諾いたします。

納得できようが・・できまいが承諾いたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

なんだか面倒になりましたので承諾いたしました。

解答をありがとうございました。

参考にいたします。

また何かありましたら今度はもっと考えて質問をいたします。

またよろしくお願いします。

 

専門家:  89314 返答済み 5 年 前.
8/21の返信を見落としてしまい、申し訳ございませんでした。

ビール酵母にしろ黒酢にしろ、食品です。医薬品とは違うので、効果が保証されているものではありません。

薬を減らすであれば、メコバラミンはビタミンB12製剤ですので、無理に服用する必要はないでしょう。食事でとるように心がければいいことです。もともと水溶性ビタミンなので過剰摂取にはなりません。
ジ フェニドール塩酸塩とストミン、漢方薬二種類は、それぞれどちらかで良いでしょう。

脳鳴りにしろ、耳鳴りにしろ、自覚症状のみで検査値で確認できるものではありません。
漠然としたものでよいので、薬を服用して「変わった点」「変わらない点」を医師に伝え、その都度薬の効果を検証していく必要があるでしょう。
また、しっかり相談できる病院、医師を見つけることも重要です。

以上です。
納得できないのであれば、承認する必要はありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お忙しいところ、ご丁寧な回答をありがとうございました。

参考になりました

感謝します

薬・調剤・漢方 についての関連する質問