JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1353
経験:  臨床家
84238367
ここに ペット に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

推定10歳、避妊済みメス、雑種です 12月あたまから涙、くしゃみの症状が出だし、 その後膀胱炎の症状が出て

質問者の質問

推定10歳、避妊済みメス、雑種です
12月あたまから涙、くしゃみの症状が出だし、
その後膀胱炎の症状が出て
風邪と膀胱炎だということで抗生物質を飲ませたり消炎剤を注射してもらいました。
膀胱炎の症状は消えたのですが、風邪の症状が治らず鼻血を出したのでインターフェロンを打ってもらったりしました。
一向に症状は収まらず、くしゃみ、鼻水、涙、何かをよけるようなしぐさ、口呼吸が続いています。
そして右の鼻の横(髭の生えているいちばん上の部分の少し上)がふくらんできたような気がします。触ると固いです
骨がふくらんできたような印象です
自分なりに調べ、鼻のリンパ腫か鼻腔癌かと思います。
わたしが先生がたにお聞きしたいことは、鼻の横の部分の手術ができるかできないかです
病院がだいっきらいな猫ですので、できるだけ、通院は避けたいです
いまCTをとるか、なやんでいます。
結果次第でもしかしたら一度の手術で治かもしれないのならば、CTをとろうかと思うのですが
CTの結果関係なく、遠方の放射線治療や頻繁な通院が必要になるのであれば、CTはとらず
できるだけストレスを与えず家でゆっくり過ごさせたいです。
うまくかけませんが質問内容は
・鼻の横の手術ができるかどうか
・いつかの緩和治療として痛み止めを注射で自宅で飼い主がうつことは法律上問題はないですか?(錠剤や粉薬がきらいです)
・安楽死の注射は自宅で飼い主がうつことができるかどうか
以上です。
リンパ腫か、鼻腔癌か、もしくはほかの病気か。
はっきりさせたい気持ちはすごくあります。
ただはっきりさせたところで、治らない治療のために猫を連れまわしたくない気持ちには変わりないので、CTをとること自体に悩んでいます
よろしくお願いいたします
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  atlus302 返答済み 11 ヶ月 前.

文章から判断が難しいのですが、皮膚にできているのであれば手術適応となる可能性はありますが、鼻腔内の腫瘍の場合はアプローチが困難のため、放射線治療や抗がん剤などでなければ対応が難しいと思われます。

また、痛み止めの注射に関しては、動物病院によっては皮下点滴などを自宅で行う用に渡しているケースも多いため、ご相談していただければ処方可能な場合が多いです。

しかしながら、薬の性質上安楽死の注射は獣医師免許のない一般の方には渡せませんし、もちろん飼い主様が打つ事は不可能です。

専門家:  atlus302 返答済み 11 ヶ月 前.

質問を終えられる場合はお手数ですが、必ず下の注意事項に従って終了してください。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-do-i-rate-answer

追加の質問があれば返信お願いします。

ペット についての関連する質問