JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

たんぱく質漏出腸炎の犬ポメラニアン7歳メス避妊済みについてお伺いしたいです。確定診断ではありませんが、リンパ拡張腸炎で、

解決済みの質問:

たんぱく質漏出腸炎の犬ポメラニアン7歳メス避妊済みについてお伺いしたいです。確定診断ではありませんが、リンパ拡張腸炎で、1年前に発症、ステロイドと低脂肪食で治療するも、ステロイド減量時アルブミンが下がり、色々模索した結果、食事療法にたどり着き、獣医師の指導の下、手作り食に変更しましたが、野菜を多く与えると、下痢、軟便になり、アルブミンも下がってしまうため、この治療法で良いのか、アドバイスをいただきたいです。現在多重2.5kg(手作り食にして、体重が2.7→2.5に落ちました)ステロイド1.25mg/DAY フラジールを投薬。食事 ササミ・白米・野菜ペースト(にんじん・ピーマン・まいたけ・キャベツ)山芋。アルブミン基準値 2.3~3.6のところ、2.3です。肝機能・腎機能ともに問題なしです。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 了解しました。どのような事でしょうか?
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

こんにちは。

ご質問ありがとうございます。

確定診断でないというのは、何の検査で診断されましたか?

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.

エコーで特徴的な画像が(シマシマの)あったのと、アルブミン・タンパク質の値が下がったので判断されたようです。内視鏡は、固体が小さいので出来なと判断されました。

専門家:  Japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。

そうですか。

確かにそうなるとリンパ管拡張症の可能性は高いですね。

最近の知見ではリンパ管拡張症を含めたIBD(炎症性腸疾患)はアレルギーが関連していることが多いということがわかっています。

一度血液検査で、与えている食材が大丈夫かどうか、アレルギー検査をしてもらったほうがいいでしょう。

もしアレルギー反応のある食材があれば起きない食材に置き換える必要があります。

それから、腸内細菌は腸の消化機能や炎症に強く関連しています。

善玉菌のサプリメントも有効である可能性があります。

ビフィズス菌等でもいいですが、宮入菌が効果が高いのではと言われています。

あとは、ステロイドの量は長期に使う場合少し心配です。

許容される範囲内ですがそれでも長期的に使うと副作用が出る可能性があるので、上記のような方法でステロイドが減らせなければシクロスポリンなどの免疫抑制剤を併用する必要があるかもしれません。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.

ありがとうございます。大変分かりやすい回答で感謝いたします。野菜にもアレルギーはありますでしょうか?

ササミと白米のみの時は、軟便にはなりませんでした。これだけではビタミンが不足するので最初サプリメントをあげていたのですが、手作り食を推奨する獣医師さんがおり、受診し、今は野菜ペーストを作ってます。少量であれば、大丈夫なのですが、野菜を増やすと軟便になります。アレルギー検査してみます。

食事療法の獣医師の先生はステロイドはもうやめてもいいと言われるのですが、今のところ怖くて、辞めれないでいます。。。

専門家:  Japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

可能性はあります。

あまり一般的ではないですが野菜のアレルギーもある子もいます。

ただし、アレルギーは基本的には量に関係なく、少量でも下痢が起きるので、量を増やして下痢になる場合は、単に消化しずらいせいで下痢をするだけだと思います。

ステロイドは急に切らない方がいいでしょう。

よく言われるのは25%ずつ減量するということですが、かなり量が少ないので、25%ずつの原料は難しいです。

やるのであれば調子を見ながら毎日飲ませていたものを週2日程度休む(たとえば月木は飲ませないなど)ようにするのがいいのではないかと思います。

2週間~1か月でアルブミンが下がらず下痢もひどくならなければさらに休む日を増やしていき、最終的に2日に1日以下に出来れば副作用のリスクはかなり減ります。

Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.

ありがとうございました。大変わかりやすくて安心しました。今のところ、下痢はしてませんし、野菜を減らせばいい便をするのですが、手作り食のみでは栄養に無理がありますか?フードを食べさせてると、(低脂肪食でも)アルブミンが下がってしまいます。シクロスポリンも考慮に入れてますが、医師はまだ使う段階ではない(基準値を維持してるので)との見解です。

今後、大きく悪化する可能性はありますでしょうか?かれこれ1年になりますが症状事態は、ずっと同じ状態です。アルブミンも2.3~2.7を行ったりきたりでへんなものさえ食べなければ、下痢・嘔吐はありませんし、食欲は、ステロイドがなくても、とてもあります(当初それでとても太ってしまいました)

今後気をつけていく点などを教えていただければありがたいです。

専門家:  Japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

はい、返信ありがとうございます。

まず、手作り食のみでの栄養管理は確かに難しいです。

ただし、フードを食べさせるとアルブミンが下がってしまう場合は手作り食しか方法がないかもしれません。

もしアレルギー検査で食べてもいいフードがあれば検査結果によってフードを選んで試してみてもいいでしょう。

もしくはビタミン剤などのサプリメントを併用してもらうのも一つです。

シクロスポリンに関しては私も同意見ですが、ステロイドをこれ以上げんりょできない場合は考えたほうがいいかもしれません。

その量を数年続けると副作用のリスクはそれなりに高くなります。

まずはわずかずつ減量してもらうのがいいでしょう。

中にはうまくコントロールできていてもそのうちきゅに悪化することもあります。

薬の減量やフードの変更は要注意ですし、そういったことをしていなくても急に悪化することがあります。

基本的には何こそ令嬢気をつけることはありません。

食事をしっかり注意をし、下痢の状態や体重の増減、定期的にアルブミン等を調べてもらうということでいいかと思います。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.

ありがとうございました。また何かありましたら相談させてください。

専門家:  Japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

はい、何かあればご相談ください。

その際、指名していただければ私が対応いたしますので、よろしくお願いいたします。

お大事にしてください。

ペット についての関連する質問