JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

ロシアンブルー 雄 8歳に関しての質問です。

解決済みの質問:

ロシアンブルー 雄 8歳に関しての質問です。
9/4の夜から、右足をかばうような歩き方をするようになりましたので、9/5早速かかりつけの病院に行きました。腰椎の6-7が狭窄しているところが何らかの事情で炎症を起こしているのではとのことでステロイドの注射と薬をもらい、一時的に改善したものの、また右足の状態が悪くなり、9/9に通院し注射と薬をもらいました。薬は毎日飲ませているのですが、9/11の夜から左足もおぼつかなくなり、今日はあまり歩けない状態にあります。病院はとりあえず現在の薬を飲ませて様子をみてということなのですが、日々状態が悪くなってますので、このまま様子見でいいのか
セカンドオピニオンを別の病院で受けるべきなのか悩んでいます。
食事は普通にとれています。排便も普通の状態と変わりません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.

こんばんは。

ご質問ありがとうございます。

猫ちゃんには椎間板ヘルニアはありますが、多くありません。

その部分だと馬尾症候群などの可能性はあると思います。

椎間板ヘルニアにしても馬尾症候群にしても治療はステロイドなどの消炎治療になります。

ただし、悪化しているとなると、薬では対応できないヘルニアや馬尾症候群の可能性もあり、また他にも脊髄の腫瘍などがある可能性もあります。

あとは糖尿病でも足を引きずりますが、血液検査はしていますか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12399;い血液検査は行いました。慢性腎不全がありますので、その部分はいつもどおりhighでしたがそれ以外は標準値の範囲内でした。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.

そうですか。

そうなるとやはり脊髄や脳、足自体の神経などのどこかに異常があるのは間違いないですね。

今の治療でよくなっていないのであれば他の治療法を考えてもらう必要があります。

ただし、どこまで検査をしていくのか(脊髄腫瘍や脳などを調べるためにはMRIが必要です)にもよりけりですが、一度セカンドオピニオンでほかに何かできないかどうか見てもらうのがいいと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
29694;在、治療診断を行っていただいている先生が都合で金曜日までみていただけないので、やはり早々にほかの病院でセカンドオピニオンを受けたほうがよいと思われますか?それから診療内容としましては整形外科あるいは神経科になりますか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.

どちらの可能性も考えられますが、どちらかと言えば神経の病気の可能性が高いです。ただし、動物の神経科というのはあまりないので、整形外科の得意な病院の方がいいと思います。

緊急性はないと思いますが、診てもらうのであれば早めの方がいいと思います。

Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問