JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

11歳ラブラドールレトリバーの女の子です。 左脇腹の背骨に近い辺りに5センチくらいのこぶができ、動物病院を受診

解決済みの質問:

11歳ラブラドールレトリバーの女の子です。
左脇腹の背骨に近い辺りに5センチくらいのこぶができ、動物病院を受診しました。
針を刺して細胞をとって検査したところ肥満細胞腫であることがわかりました。
悪性の腫瘍であり切除したほうがよいとのことで、切除手術はその先生にしていただくつもりでおりました。
その後、腫瘍のもりあがりが少しずつなだらかになってきました。
3日後、詳しい検査を受けるため再度、動物病院に行きました。針を刺して検査したり、レントゲン撮影(右下からの胸部撮影のみ)をしました。
プレゾニドロンとファモチジンを1週間処方していただき、1週間後またきてください、ということでした。
薬の副作用で大量に水を飲み、たくさんおしっこをしますが、下痢や嘔吐もなく、食欲もあり普通に食べたりしています。
お薬を飲み終え、1週間後、動物病院に行きました。この頃には腫瘍があったところがわからないくらいになっています。触ると少しほかのところよりかたいかんじです。
先生は、薬の反応がよいとおっしゃって、薬の量を段階的に減らしていきながら、様子を見ていきましょう、とのことでした。
同じ種類のお薬を量を減らして、さらに5日目からは1日おきに飲ませるように、処方されました。
薬がなくなったら、様子を診て頂くことになっています。
薬を飲み続けるのは、せいぜい1ヶ月だそうです。
腫瘍が大きくなったり、体調に変化があったらきてください、とのことでした。
悪性の腫瘍が消えたように見えても、どこかに転移しているのではないか、悪化しているのではないか、いろいろ心配です。今後どうなってしまうのでしょうか?
いま、やれることは何かを考えています。
アドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。今回答を作っていますので10分ほどお待ちください。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
基本的に肥満細胞腫はおっしゃる通り悪性腫瘍です。転移もしますがそれよりも、腫瘍の周りに足を伸ばすように増殖すると言われており、それにより、切除しても再発をすることが多い腫瘍です。 肥満細胞腫は悪性度によってグレードが分かれており、グレードが低いものでは転移や広がりが大きくなく、高いものではその逆になります。グレードは実際に腫瘍をとってそれを検査に出さないとわからないのでなんとも言えませんがそれだけステロイドに反応するとなるとグレードが低い可能性が高いです。 ただし、私の経験上薬だけで肥満細胞腫を完治させられるというのはわんちゃんでは見たことがなく(猫ちゃんではあります)、そういった話も聞かないので、そのうち薬が効かなくなって手術せざるをえなくなるのではないかと思います。腫瘍が縮んでいる間は転移をする可能性は少ないですが次に大きくなるときに転移をする可能性もあります。 私は肥満細胞腫の子では手術をどうしても避けたい理由(経済的、病気や高齢でで麻酔リスクが高い、腫瘍が大きすぎたり多発していて手術不適応など)がなければ手術が第一選択だと思いますし、一般的にも第一選択になっています。 縮んでいるなら急ぐ必要はありませんが、少しでも増大傾向になるなら薬を再度増量せずに早めに手術することを強くお勧めします。先ほど書いた通り足を伸ばして増殖するので大きくなったら手術をしても再発リスクは高くなります。わたしはステロイドで小さくして手術というのが一番理想だと思います。 ですのでその辺りをもう一度考えたり相談してもらい、増大傾向が見られないかはしっかり注意しておいてください。ただし、気にしすぎてあまり触りすぎるのも刺激になりますので注意してくださいね。
質問者: 返答済み 1 年 前.
すばやいご回答ありがとうございました。先生が診療なさってこられたご経験もふまえてお書き下さってたいへん参考になります。やはり動物病院の先生も、ステロイドで小さくして出来るだけ小さく切除できれば、とおっしゃってました。
お二人の先生のお考えに全く同感です。これまでのところ、ステロイドは服用しましたが、腫瘍が小さくなって切除手術、とはなりませんでした。今後、手術することを覚悟しながら、増大傾向などよく注意していきたいと思います。
飼い主としては、代われるものなら代わってあげたい気持ちです。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。小さくなっている状態であればあせる必要はないと思います。わんちゃんはしゃべれないので、本人の希望を聞けない分、難しいですが飼い主さんがわんちゃんの希望をなんとか汲み取って判断してあげてください。良い方向に行くことをお祈りしています。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
お手数ですが、質問を終了する際には必ず下記の注意を守っていただけるようご協力お願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
まさに、その通りで、痛いとか身体がだるいとか、何もいいませんが、肥満腫瘍腫では腫瘍の部分が痛かったりしているのでしょうか?素人の考えることですみません。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
肥満細胞腫で増える肥満細胞からはヒスタミンなどの炎症物質が産生されますので、痛みがある可能性はゼロではありません。ただし、ステロイド剤が消炎作用によりその痛みはかなり引くと思います。 またわんちゃんは痛みがあるとその部位をなめたり噛んだりすることが多く、触られるのを嫌がることも多いので、気にしている様子がなければほとんど痛みはないと考えていいと思います。ただし、腫瘍を揉んだリスrとヒスタミンなどが大量に分泌されるといわれていますので、大きさのチェックのたまに短時間だけ触り、もんだりしないようにはしてください。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりやすくご説明いただきありがとうございました。
夜分にどうもすみません。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
はい、また何かあればご相談ください。もしご希望があれば指名いただければ私がお答えいたします。お大事にどうぞ。

ペット についての関連する質問