JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

10歳の雌猫です。去年の6月位から体を頻繁に舐め始め、毛をくわえて引っ張るので右半身が広範囲に脱毛してしまいました。

解決済みの質問:

10歳の雌猫です。去年の6月位から体を頻繁に舐め始め、毛をくわえて引っ張るので右半身が広範囲に脱毛してしまいました。お医者さんに診てもらい、まずはノミ・ダニのお薬を試したところ症状に変化がなかったので、これが原因ではないことがわかりました。そこで、たぶん単なるクセかもしれないので服を着せて体を舐められないようにしてみてください、と言われました。
わたしはなにか納得がいかなかったのでそのままにしておいたところ、しばらくはましになっていたのですが、最近また激しく舐めるようになってきました。今度はしっぽの付け根や後ろ足の内側まで舐めます。
この子の食欲はあり、元気に動き回っています。ちなみに、他の2匹のネコにはそんな症状はありません。
どうぞよろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
考えられる病気としては①精神的なストレスで舐めている:体の不調や3匹で喧嘩して負けた、追いかけ回す人が居る、工事がうるさい、新しい住人の猫や人が気に入らない②カビによる皮膚炎③アレルギー性皮膚炎 特に食餌アレルギーなど④免疫異常で生じる皮膚炎 好酸球性皮膚炎などが主に考えられる病気です。皮膚のカビ培養検査や食餌を病院で販売している低アレルギー食だけを食べさせるそれでも診断がつかないときには皮膚の切除生検査が必要です。意外と猫の皮膚病は診断が難しいですよ。今の病院ではおそらく診断できないので、別の病院で検査や治療してもらいましょう
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
①について考えられることは、昨年舐めはじめた前月に、息子猫を1匹亡くしました。しかし1年近く経った今でも続いている症状なので、原因が別にあるのかもしれません。
②の食餌アレルギーですが、長年ほぼ同じものを与えているのに突然症状が現れるものなのでしょうか。
②③④については、同居中のもう1匹の息子猫にはその症状がありませんが、親子でも体質は異なるのでしょうか。重ねてよろしくお願いします。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
同じものを与えていても、体調不良や体力低下、息子猫を亡くしたストレス、食餌以外に与えているおやつなどが原因で発症することはあります。親子でも体質はことなることがあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございました。
さっそく別の病院へ連れて行きます。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問