JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

尿管ステント手術について

解決済みの質問:

尿管ステント手術について
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。 ご質問ありがとうございます。 それは心配ですね。 最近猫ちゃんの尿管結石に伴う腎不全は非常に増えてきています。今は腎臓の数値がそれほど悪くないですが、完全閉塞をしてしまうと一日でかなり危険な数値まで跳ね上がってきてしまうことがあります。 尿管ステントに関しては徐々に技術や道具もよくなってきております。まだリスクが全くない治療ではないですが、術者の経験や技術によて変わりますので、そのあたりもしっかりと今の病院で聞いたうえで決めてもらう必要があるでしょう。基本的に年齢や大きさなどに関してそれで耐えられないということはないですし、手術はやはり第一選択として考えてもらう治療です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速の返信ありがとうございます。表示しました現在の数値から予後の見通しなどある程度はできるのでしょうか?手術後も高齢だし大変だと思うと先生にいわれましたが、どのようなことが起こると考えられるのか予測がつきません。
また、内科的療法でふつうに14,15才までだましだまし生きるというのは難しいのでしょうか?
結石の動き具合により、完全に詰まってしまうリスクは明日なのか、1ヶ月後か、1年後か全くわからないのでしょうか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
はい、尿管結石がいつ詰まってしまうかは予測はできません。人であればレーザーなどで粉砕できますが、ネコちゃんではまだそれはできないので、やるならステントしかないです。内科療法で15歳以上まで寿命を全うできる可能性も十分ありますが、明日詰まってしまうかもしれないというリスクは常にある状態ではあります。これらの関しては今の数値で今後どうということは一切言えません。ですので、そのあたりどちらのリスクを取るのかは飼い主さん次第になってしまいます。ただし、水腎症がすでにある場合は詰まってしまうリスクは他の子に比べて高く、やはりステントがおすすめされる状態だと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
質問する機会を与えていただいたのに頭がいっぱいになり、時間をおいてしまい本当に申し訳ありません。
今、かかりつけ医にて大きな病院で尿管ステントをしないのなら、このままうちで様子見でも良いのですが、内科的治療を考えてくれるところもあるだろうから近隣で探してみてはとのことでした。
内科的治療で先生のお知恵を拝借できたらと考えております。本人が少しでも楽に過ごせるように、腫れた右腎が少しでも小さくならないか等考えております。よろしくお願い致します。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。いい病院ですね。他にいい治療をしてくれる病院があるかもと進めてくれる病院はいいと思います。 内科的治療はマンニトールなどで押し流す治療がありますが、今のその状態でその治療がいいのかどうか難しいところであります。急性腎不全の乏尿期に使う治療ですが、落ち着いている時期にはあまり効果がないことが多いです。他の内科的治療に関しては一般的な慢性腎不全に準じる治療になりますので、食事療法や軽い血管拡張薬になります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご助言ありがとうございます。お聞きしたいことは山ほどあるのですが、頭がどうにも働かず、まずは平静を取り戻してからご指導賜りたく存じます。
また、書き込みさせていただいた折りには何卒よろしくお願い申し上げます。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
はい、お大事にしてください。何かあればまたご質問よろしくお願いします。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問