JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

完全室内飼い、体重4.7kg、溶血性貧血でプレドニゾロンとドキシサイクリンで治療開始し、3週間後に投薬終了しました(マイコプラズマフェモフェリスともう一つの2株感染+)。しかし投薬

質問者の質問

完全室内飼い、体重4.7kg、溶血性貧血でプレドニゾロンとドキシサイクリンで治療開始し、3週間後に投薬終了しました(マイコプラズマフェモフェリスともう一つの2株感染+)。しかし投薬終了後3週間で貧血再発、今度は長めに治療しようということで、プレドニゾロン5mgx2錠を3日、1錠を30日、1/2錠を19日続けてきましたが、またHCT が下がったため、5日前より1日1錠に戻しました。ドキシサイクリンも再発してから続けて飲ませていましたが(50日間)、1週間前に終了しています。
消化器の炎症によるものかもしれないということで便検査をしましょうと言われています。MCH/MCVも高いし、私はIMHAで決定だと思っていたのですが、獣医さんは慢性炎症による貧血も考えていらっしゃるようです。白血病、エイズ、どちらも陰性です。腎機能、肝機能も異常無いようです。他に同居猫4匹いますがこの子だけが貧血です。
そこでお聞きしたいのですが、ステロイドのの使い方に問題はないのでしょうか?減薬中に症状が復活したら、また最初の容量に(5mgx2錠)もどさなくても効果がみられるのでしょうか?1日1/2錠にすると貧血がコントロール出来ないようなら、ずっと1錠飲ませ続けても大丈夫なのでしょうか?どう思われますか?どうぞ教えて下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
ステロイドの使い方は貧血の状態によってということはあります。
マイコプラズマの診断はどのようにされたのでしょうか?
また血液塗抹検査(顕微鏡で見る検査)では再生性貧血だったのでしょうか?
それと、貧血の数値の変化を教えていただけるとたすかります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
検査結果のグラフを添付しました。ほかの項目もご必要でしたら再度添付します。PCRでHeamofelis Heamominutumが検出されました。Turicensisは陰性でした。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
わかりやすいグラフありがとうございます。
血液塗抹検査に関してはコメントは何もなかったですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
10/17の検査ではDohle Bodies Slight、Toxic Changes Slight、Rouleaux Slightの報告がありましたが、その後はあまりコメントがありませんでいた。その後の依頼した検査に血液像の項目があったのかどうかは不明です。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうでしたか。
まず貧血の数値の変化的に慢性炎症による貧血の可能性はかなり低いと思われます。
慢性炎症による貧血では、赤血球は壊されず、再生が乏しいために寿命を迎えた赤血球が死んでいくに従って、ゆっくり貧血していきます。
ですので、それほど急激に貧血することはありませんし、通常20%を切ることはまずないと言われています。
その数値の変動だけ見れば溶血や出血などに伴う貧血であると考えられます。
また、治療に反応していることからやはりヘモプラズマもしくは溶血性貧血、あるいはその両方からのどれかであるとも思えます。
おっしゃるとおり再発した場合にはステロイドは通常はもとの容量に戻すことが多いです。
猫ちゃんの場合には、体重あたり2mg/kgくらいからスタートすることが多いのでやはり2錠にした方がいいでしょう。
それから、猫ちゃんでは特発性の溶血性貧血は多くはなく、おそらくヘモプラズマが関与しているものですので、ステロイドの長期投与よりも抗生剤の長期投与の方が効果的にも副作用的にもいいかと思います。
ヘモプラズマにはエンロフロキサシンも効果がドキシサイクリンくらいあることがわかっていますので、わたしは2剤を併用してある程度長期的に使うことが多いです。
ステロイドの長期投与は糖尿病などの副作用と、免疫抑制によるヘモプラズマの蔵書くリスクがあるのであまり勧められません。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、最後は増殖リスクの間違いです
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
それでしたらドキシサイクリンの50mg投与を再開した方がいいのですよね。文献検索して、8週間まで投与続けて効果があったというのは見つけたのですが、それ以上長く続けているものは見つけられませんでした。6㏄の水で流し込んで、食道のトラブルが見られないようだったら、ドキシサイクリンをもっと長く使用しても問題はないのでしょうか?この子はすでに7週間投与続けてました。
ステロイドはHCTが正常範囲になるまで2錠に戻した方がよいのでしょうか?数日中にCBCをまた検査する予定ですが、もし変化があまりないようだったら、思い切り4錠/日まで上げてから減薬していった方が効果があるのでしょうか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
溶血がひどければ、4錠まで増やすことはありますが、副作用のリスクがありますので注意が必要です。
またわたしはドキシサイクリンだけではなくエンロフロキサシンの併用をお勧めします。
ただし、そのあたりの投薬指示は法律上の問題もあり、診察をせずにインターネット上だけではできないので、主治医の先生に相談されるかセカンドオピニオンを聞きに行ってください。
ここではあくまで一般的なお話しかできません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
エンロフロキサシンはドキシサイクリンに比べてもっと利点があるのでしょうか?失明の副作用があるということで、ドキシサイクリンを続けられない場合に使用されるものかと思っていました。併用とおっしゃられるのは、ステロイドとの併用でしょうか?それともドキシサイクリンとエンロフロキサシンとの併用ですか?そんなこともあるんですか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
失明の副作用というのは、まずないですよ。
どちらにお住まいか存じませんが、日本では非常によく使う抗生剤で、副作用はほとんどありません。
併用はドキシサイクリンとの併用です。
FIVやFeLVが陰性なのであれば、ほとんどはそれで治療がうまくいきます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
アメリカに住んでます。2つの抗生剤の併用は知りませんでした。通常半量ずつの投与ということでしょうか?ぜひ試してみたいです。
ところで、ほかの同居猫4匹(5歳前後)は貧血の気配がまったくないのですが、もし伝染性の猫貧血だとしたら、なぜ一番若いこの子だけ症状がでたのでしょう?なのでIMHAだとばかり考えていました。。。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
いえ、通常量の投与です。
よく使うことですが、先ほど書いた通り、こちらで指示はできませんので、かかりつけの病院で相談してください。
それから、ヘモプラズマの生態はあまりよく分かっていませんが、喧嘩などの咬傷あるいはダニから感染するといわれており、普通の接触では感染しない可能性があります。
また、感染していても発症しない子も多く、通常はFeLVやFIVなどとの混合感染があって、ストレスやほかの病気などにより免疫が落ちたときに発症しやすいといわれています。
ですので、ヘモプラズマがいてもそれが本当に悪さをしているとは限らず、通常ヘモプラズマだけでそこまでひどい貧血が出てくることは少ないので、ヘモプラズマに伴う免疫介在性溶血性貧血(IMHA)である可能性が高いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
2つの抗生剤を通常量同時にということですか?かかりつけの先生に相談してみます。
ところで、バイトリルの説明書にクロラムフェニコール、マクロライドまたはテトラサイクリンと併用して使ってはいけません。とありましたが、ドキシサイクリンと併用してもよいのでしょうか?これはメーカーとして推奨していないけど、獣医師の監視のもと通例行われているということなのですか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
はい、そういうことです。
エンロフロキサシンとドキシサイクリンの併用は獣医師の判断の下に行いますので、しっかり状態を見ながら行います。
もちろん、メーカー推奨がないので、もし重篤な副作用が起きても、メーカーの責任はありません。
ただし、私はしばしば併用しますが、重篤な副作用は経験していません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます!早速相談してみます。もしも併用により起こりうる副作用が考えられるとしたらどんなものなのでしょうか?嘔吐や下痢といった一般的なものですか?
すみません、もう2つ質問があります。マイコプラズマ陽性猫でIMHAも併発している場合、免疫抑制剤の投与は行わないものなのでしょうか?また、1日一回のステロイドの投与の場合、朝より夜の方がいいと書いてあるサイトをいくつか見たのですが、それは本当ですか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
いえ、同時に起こっているのであれば免疫抑制剤を使わないと貧血は悪化します。
ただし、ネコちゃんはステロイド以外の免疫抑止剤が副作用などからつかいずらいためステロイドを使います。
それからステロイドの投与時間は特にどちらがいいかというのは私は聞いたことがありません。
特に作用機序から考えてもどちらでもいいでしょう。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
他に質問は大丈夫ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
どうもありがとうございました。早速今日投薬について相談してきます。ところで、先生だったらステロイドの量はこのまま(現在1錠/日)で抗生剤2種を足してみますか?それともステロイドも2錠に増やしますか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
おそらくステロイドを2錠にして数日~1週間飲ませるのと同時に、抗生剤は2剤にすると思います。
そのあと、様子を見つつ、ステロイドを減量して、抗生剤に関しては、最低三週間は併用しつつ、落ち着いていればそのあと、どちらか一剤にするでしょう(一度ドキシサイクリンがうまくいっていないので、私はエンロフロキサシンをしばらく続けると思います)。
あくまでこれは文面からの推測ですので、実際に診察していない以上、何とも言えませんが。
実際にはやはり副作用や様子を見ながら状況によって治療は変わってきます。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
くわしいお返事どうもありがとうございます。現在の獣医さんと相談して、もし考えが合わないようでしたら他の獣医さんも考えてみようかと思います。貴重なご意見どうもありがとうございました。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。
いい方向に行ってくれることをお祈りしています。
お大事にしてください。

ペット についての関連する質問