JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5472
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

フレンチブルドッグ(9歳オス)を飼っています。 5日くらい前から食欲がなく少し食べると痰が絡んだような吐き気を催し

解決済みの質問:

フレンチブルドッグ(9歳オス)を飼っています。
5日くらい前から食欲がなく少し食べると痰が絡んだような吐き気を催し(でも吐かない)をして止まりません。少し食べると震えてます。また、喘息のような咳をしたりとても苦しそうです。喘息のような咳は夜や明け方が特にひどいです。
1年前におねしょをするようになり病院へ連れて行ったらそこで突然倒れ、血液検査の結果は特に異常がく、脳のMRI検査をしたところ、脳腫瘍らしきものが見つかったと言われました。おそらく脳腫瘍から癲癇を起こしているのだろうと言われ、ステロイドとフェノバルビタールを処方してもらっています。おそらくというのは、場所的に判断に難しいところにできていて、再検査してみないと断定できないと言われました。癲癇発作の時間は短く長くても2,3分ですが、この1年で4回呼吸が止まってしまいました。車が嫌いで、車に乗せただけで倒れてしまうので、昨年5月に往診して血液再検査していただいたのですが、その後に爪カットしてる際に呼吸がとまってしまいました。その為怖くて病院に連れていくことも往診していただくこともできない状況の中、今年に入って先ほどの状況です。かかりつけの医師に相談しても、やはり直接診察してみないとわからないと言われてます。。当然のことですが、病院に着く前に死んでしまいそうで決断できません。
薬は毎月先生に電話で状況を説明し1カ月分ずついただいてます。
今年に入ってから、下の歯から出血していて痛そうだったのとあごにできものができていたので、先生に相談し抗生物質と、少し震えていたので脳圧降下剤をいただき投与したところ、食欲がなくなってきたようにも思います。たまたま偶然かもしれませんが。どちらも1週間分いただきましたが、食欲が落ちてきたため、フードにふりかけてた脳圧降下剤は3日間くらいで止め、抗生物質は飲み切りました。(5日の朝で終わり) その後、様子を見ているのですが、食欲はますますなくなっているようです。散歩にもいきたがりません。脳腫瘍以外の病気じゃないかと不安でしょうがなく、どうしていいのかわかりません。何か疑わしい病気がありますでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
舌はしっかりと動きますか?唇は左右で対称ですか?よだれが出ていたり、片側の唇が麻痺していませんか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
舌は動いていると思います。ただ、今はフードを手から口へ入れると少しだけ食べるのでそうやって食べさせてるのですが、たまにこぼします。また、少し前に唇の裏側が、紫色に感じました。
唇はたまに右側が歯茎にひっかかっているような感じで上がっていることがあります。
よだれはものすごく出ます。元気なころから粘着性のある長いよだれが出ていたのですが、最近はよだれと口元に泡も出てます。
フードを食べる時に、左側を下にして食べるようになったのも歯が痛いのか気になります。抗生物質であごのできものは治ってきています。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
てんかん発作の頻度は、秋ごろまでは月に7,8回、軽いときはブルブル震えるけど倒れない程度、少し重いと倒れて目をつぶって、失禁やうんちもすることがありました。一番ひどいのは完全に呼吸が止まってしまったことです。目をあけたまま突然呼吸が止まってしまいます。MRI検査の帰りに自宅の駐車場で初めて呼吸が止まり、5分くらい止まってたように思います。先生に、倒れると舌を丸めて喉の方に入れてしまうようなので、舌を引っ張り出して空気を入れてみるように言われてたので、動揺しつつもそうしてみたら4回とも息を吹き返しました。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
考えられるのはフレブルなどの短頭種に多い誤嚥しやすい状況
また脳腫瘍が出来ていることで、舌の奥の方や咽頭の麻痺が生じている事
またそれに伴って寝ているときに涎が気管に誤嚥して咳をするのでしょう。
それ以外だと心臓病で心臓が拡大して気管を圧迫している
アレルギー性の喘息がある
などが考えられます
抗生剤や気管支拡張剤、去痰剤などを処方してもらうこと
またステロイドを増やすなどが対策になるでしょう
診察をしていませんのではっきりとは言えませんが、おそらく心臓以外の
原因、特に脳腫瘍が原因で咽頭などに麻痺が生じているのが原因だと思います
手術できないように出来ている腫瘍は脳底部を圧迫すると脳幹などを圧迫します
その時に呼吸や咽頭の神経がよく麻痺します。
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
倒れる回数が冬になって減ってきたため、体の負担を考えてステロイドの量を最近減らしていました。先生とステロイドの量を再度相談してみようと思います。今は少しでも長生きしてくれるように、少しでも苦しませないよう、自分にできることをしていこうと思います。ありがとうございます。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
お大事にどうぞ

ペット についての関連する質問