JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

チワワメス2014年4月うまれの避妊手術をするか否かで悩んでいます

質問者の質問

チワワメス2014年4月うまれの避妊手術をするか否かで悩んでいます 今迄に2回ヒートが来たのですが2回とも偽妊娠になりお乳が張って母乳迄出ます 偽妊娠中はかなり落ち着きが無くなり挙動不審で夜中もずっとキュンキュン鳴いてばかりいます
病院の先生は偽妊娠ばかりする子は先々子宮蓄膿症や乳腺ガンになる確立が高いので子供を産ませないなら早めに避妊手術をしたほうが良いと言われました
先日子宮蓄膿症で亡くした子もいるのでやはりしたほうが良いと考え手術の予約を取りましたが手術に対して不安で不安で予約を取り消そうか悩んでいます
生後3回目のワクチンの時に凄い副作用で3日間大変な目にあった過去があるし神経が凄く細い性格の子なので手術した事によって術後悪い影響が出てまた先日の子のように術後の不慮の事故で亡くしてしまったらと思うと怖くて手術に踏み切れません 気持ちが定まらないなら今はやめといた方が良いのではと知人も言います そろそろ生後3回目のヒートが来る時期だしその前に避妊手術をと考えて予約したのですが先日術後の事故で別の子を亡くしたばかりなので怖いです
避妊手術はは早い方がいいとは理解しています
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは悩むところですね。
確かに飼い主さんのおっしゃることはすべてその通りかと思います。
そういう子は経験上でもホルモン疾患が多く、避妊手術をしないデメリットはかなり大きいですので、手術をお勧めします。
飼い主さんとしては今の病院は信頼できるところですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
先生自体は手術も常に数多くこなし腕自体は信頼は出来ますが手術時の不慮の事故が怖いのです。
先日亡くした子に続き元旦に親戚が亡くなりと今身の回りで悪い事続きなので今は見送ったほうがいいような感じがしてなりません
避妊手術するのはするが悪い事続きでタイミングが今は悪いような気がしてなりません でもするなら早い方が、、といった悩みです
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
それであれば私は早めに手術をしてもらうことを強くお勧めします。
ワンチンアレルギーと麻酔のアレルギーは関係がないようです。
私もワクチンアレルギーが出た子には飼い主さんにも言いますし、麻酔もかなり注意をしますが、実際にワクチンアレルギーが出た子で麻酔のアレルギーが出たことはありません。
アレルギー体質というのはあるとは思いますが、根本的に原因になる物質が違うのでワクチンと麻酔の関係はないように思います。
性格的なものは術後の精神的なものなどに影響はあると思いますが、それで命にどうこうということはまずないでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
やはり同じするなら早い方がいいですね
避妊手術は一泊入院らしいのですが10年ほど前に避妊手術を受けさせた病院では日帰りでした 朝預けて夕方お迎えという形でした
この違いは何ですか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
これは正直なところ病院の院長の好みというか方針です。
一泊するところとしないところとおそらく半々くらいではないかと思います。
一泊する必要があるかというとありませんが、一泊すふことで絶食水に対する点滴をしたり、出血の有無を確認する意味で一泊した方が安心だと考える病院はさせています。
基本的には絶対必要なものではないですが、一泊してから帰った方が安全性は高くなります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
そうなんですね
麻酔時のショック死とかの確立はかなり低いものですか?
トリマーさんから実際お客さんのワンちゃんの身近な実例を聞いてるので怖いです。
術後に肉芽腫が出来たとか縫合が失敗してて死にかけたとか言い出したらきりが無いです
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
はい、以前私が聞いたデータですと健康な子での麻酔事故は0.1〜0.01%ということです。
1000〜10000頭に一頭ですね。
私の病院では実際毎日のように健康な子の手術が1.2件ありますが、健康な子の麻酔事故は7年間一度も経験したことはありません。
おそらく運がいいというのもあると思いますがそれくらいの確率だと思ってもらっていいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
そうですか もう一度よく考えます
ありがとうございました
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
はい、後悔のないように考えてみてください。
手術をやるリスクよりやらないリスクが比較にならないほど高いので。わたしは、飼い主さんがその病院を信用できるのであればやってもらうべきだと思います。
お大事にどうぞ。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問