JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1218
経験:  臨床家
84238367
ここに ペット に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

2日前に飼っていたミニュチュアダックスが亡くなりました。半月前くらいから便を数回に分けてするようになっていましたが、

解決済みの質問:

2日前に飼っていたミニュチュアダックスが亡くなりました。半月前くらいから便を数回に分けてするようになっていましたが、
普段通り元気で食欲もありました。2日前の朝、2回白い泡を吐いたので、かかりつけの動物病院へ行きました。
熱もなく、レントゲンを撮り肛門付近の腸が左右に膨らみ、その為に便が出ずらくなっている(ヘルニア)との診断でした。手術をしたほうがいいが緊急ではないので、院長と相談の上、決めましょうと、今日は便秘の為に残っている便を浣腸で出しますので、夕方迎えに来てくださいと言われ家に帰りました。私は用事があった為外出していたら、病院から4時頃電話が入り、元気がないので血液検査をしてもよいかと言われ、お願いしました。主人が夕方迎えに行くと呼吸も荒く反応もない状態でした。その後心臓が止まってしまいました。
担当の医師は浣腸をした事で脱水症状になったとの説明をしどろもどろしていたそうですが、納得できないのです。
人間もそうですが、浣腸で強制的に便を出す場合は脱水にも十分注意するべきですし、主人が行った時は何の処置もされていなくて、点滴を早くするように頼んだそうです。私が受けた電話でも差し迫った様子はありませんでした。十分に助けられた命ではなかったのかと不信感でいっぱいです。これが人間であって、便秘の為の浣腸で死亡したら、脱水になったでは済まないと思うのです。
主人も動転していたのですが、浣腸の薬を追加して使ったと言っていたようです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
こんばんは、ご質問ありがとうございます。 便を浣腸で出すために預ける際に、特にリスクについてのご説明はありませんでしたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
浣腸に関する説明は何もありませんでした。肛門付近のの便は掻き出したため2.3日出血はあるかもしれませんといわれました。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 便のかき出しも行っているのですね。 死亡してしまった原因について、脱水との説明をされているようですが、実際の血液検査の数値などはわかりますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
けっきょく、血液検査もしていないと、
できなかったと言っていたそうですが、なぜできなかったのかはわかりません。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
それでは本当に脱水しているのかどうかも、身体検査や浣腸の仕組みとして脱水しやすいという理由からでは、客観的な根拠としては説明がつけられないと思います。単純に高齢犬で便秘気味というだけで、ある程度の脱水はありますので、そのことを理由としてはいけないのではないかと考えています。 例えば血液検査でかなり血が濃い状態であったり、タンパクの値が高くなっていたりと、しっかりと脱水であるというデータがなければ本当の死亡原因の理由としては不十分です。 ちなみに本当に脱水なのであれば、しっかりと血管を確保して血液検査と同時に点滴も当然行うべきですし、余程血圧などが下がって血液検査や血管の確保ができない状態でも皮下点滴など行うべきこと、また容易に行えるような代替案はいくらでもあると思います。例えば、腕や足で血管が確保できなくても、首の頸静脈などからは余程のことかない限り採血可能ですし、皮下点滴は皮の下に点滴液を入れるだけなので、行えない小動物の獣医師はいません。 また、便のかき出しに関してなのですが、これは実はかなりリスクのある処置で、人間が手で肛門から便をかき出すので、動物としては直腸の神経が刺激されてかなり興奮状態に陥ったり、処置自体がかなり負担のかかる事なので場合によっては処置の最中に亡くなってしまうような事もあります。これに関しては、私も実際にその現場に立ち会ったこともあり、以前から諸先輩方の先生から聞いているような情報なので、かき出しの処置をするという際にはかならずリスクの説明をさせていただいています。 このように、状況からすると処置を行うこと自体は間違っていませんが、事前のリスク説明や死亡してしまった原因、理由、対処や連絡体制には不手際な点があるとは思います。
atlus302をはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
お電話での対応は必要ありませんか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
今回は急な事でさぞかしお力落としのこととお察しいたします。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
また、私でよろしければ可能な限りお力になりたいと考えておりますので、いつでもご相談ください。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
お電話での対応を希望とのことで、こちらの連絡先情報を入力というボックス内ににご質問者様のご連絡先を入力していただいてもよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
先日はご丁寧な回答ありがとうございます。
血管が確保できずに血液検査も点滴もできなかったとの説明を受けたのですが、血管の点滴もできなければ、他に助ける方法はなかったのでしょうか?
やっていただいた処置は皮下点滴2回だそうです。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
少し遅い時間になってしまいましたが、今からそちらの番号にお電話をおかけしてもよろしいでしょうか? なお、誠に勝手ながら非通知設定で電話をおかけしますのでご了承ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました。
よろしくお願いいたします。

ペット についての関連する質問