JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます。 14歳7カ月のミニチュアダックスのオスです。 12月8日に、病院で診察中に診察台

解決済みの質問:

初めて質問させていただきます。
14歳7カ月のミニチュアダックスのオスです。
12月8日に、病院で診察中に診察台から落ちてしまいました。
あわててレントゲンを撮ってもらいましたが、幸い骨折も脱臼もしていませんでした。
3日分の痛み止めをもらい、今日に至りますが、まだびっこをひいています。
食欲も元気もあります。
普通に歩けるようになりますか?
肛門周囲腺腫ができ、23日に手術をするのですが、大丈夫でしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
四肢のどの足がは行していますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

右足です。

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
右後ろ足というこうとですね原因として考えられるのは①落ちたショックで腰の椎間板ヘルニアが起きているので、足が麻痺しているためには行している。 診断にはMRI検査が必要です②右後ろ脚の前十字靭帯の一部が切れて、痛みがある。麻酔下での触診やレントゲン検査が必要ですなどが原因として考えられます。手術自体には影響はないでしょうけれども、手術と同時、あるいは手術前に一度は検査してもらいましょうその上で手術の優先順位を決めるべきでしょう、
質問者: 返答済み 1 年 前.

すいません、右の前足です。

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
右の前足なら可能性としては①です頸部の椎間板ヘルニアを起こしている可能性が高いでしょう、手術前にMRI検査をしてもらいましょう、
質問者: 返答済み 1 年 前.

なおりますか?

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
早く手術すれば回復する可能性は高いと思いますが、あとはMRI検査で脊髄がどれだけ障害を受けたかによります軽度の障害でMRI検査で脊髄に大きなダメージが無く、手術を早く行うと早く良くなることはおおいですよ。
質問者: 返答済み 1 年 前.

かかりつけの先生は、肩を痛めたとおっしゃって。

打撲だと思うので、日にち薬だと。

以前にヘルニアになったことがありますが、なんとか手術をせずに歩けるようになりました。

高齢なので、できるだけ手術はさせたくないですが。

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
肩を痛めただけで、脱臼もしていないなら回復してくるはずですが、痛みがないことや薬を与えても改善しないので私は椎間板ヘルニアになっていることを疑います首のところには前足につながる神経があります、ですからそこで神経が圧迫されると足が軽度麻痺しては行することはよくあります。痛みが無い、足を引きずる、改善しないなどがあるので肩を痛めたというよりは、私は経験上からは頸部の椎間板ヘルニアを疑います
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました。

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
椎間板ヘルニアでも軽いものはすぐに回復しますから、改善がないことからも思ったよりも重い椎間板ヘルニアを起こしていることを疑います
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問