JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5443
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

こんにちは。 下記ご質問させていただきます。 チワワ♀6歳半が17日に子宮蓄膿症で緊急手術を行いました。 術前の検査で敗血症を起こしているとのことでした。 子宮摘出自体

解決済みの質問:

こんにちは。
下記ご質問させていただきます。
チワワ♀6歳半が17日に子宮蓄膿症で緊急手術を行いました。
術前の検査で敗血症を起こしているとのことでした。
子宮摘出自体の手術は無事に終えましたが、予後血液検査が下記のとおりで血小板の数値だけ改善しません。
治療は細菌を抑えていくよう抗生物質の点滴を行っており、主治医によると自ら血小板を作る他ないとのことでした。
見た目は多少元気になっているように見えますが、血小板が日に減っているので心配でなりません。
主治医の先生を信じてはいますが、他に何か対処法やアドバイスがないかご質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。
17日(術前)
こんにちは。
下記ご質問させていただきます。
チワワ♀6歳半が16日に子宮蓄膿症で緊急手術を行いました。
術前の検査で敗血症を起こしているとのことでした。
手術自体は無事に終えましたが、予後血液検査が下記のとおりで血小板の数値だけ改善しません。
治療は細菌を抑えていくよう抗生物質の点滴を行っており、主治医によると自ら血小板を作る他ないとのことでした。
見た目は多少元気になっているようなのでこのまま様子を見ていくようですが、血小板が日に減っているので心配でなりません。
主治医の先生は信頼しておりますが、他の先生の見解やアドバイスをお聞かせいただきたいと思いご質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。
17日(術前)
WBC 111
RBC 5.40
Plt 5.2
Hb 12.8
PCV 35.3
17日(術後)
WBC 64
RBC 5.74
Plt 4.0
Hb 13.9
PCV 37
CRP 20
18日
WBC 94
RBC 5.28
Plt 3.4
Hb 12.4
PCV 35
CRP 15
19日
WBC 111
RBC 5.40
Plt 5.2
Hb 12.8
PCV 35.3
CRP 8.6
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
現在は元気にしていますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
まだ入院しておりますが、術前術後はグッタリしていましたが、それに比べると見た目は段々よくはなっており、今日は4本足で立てるくらいです。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
血小板が少ない理由にはいくつかあります①産生量が少ない これだと出血傾向になっているはずなので、術後に粘膜から出血が止まらないなどがあるでしょう②消費されて少ない 子宮蓄膿症の病状や手術で沢山使用したので、少ない③数は少ないが、一つ一つの血小板が大きくて量的に足りているなどが考えられます。改善傾向で、出血も術後に手術した箇所や粘膜で点状の出血した箇所がないなら術後の炎症や治癒を行っている箇所で沢山使用されて、減ってきていることが考えられます。臨床的な悪い兆候がなければ、手術後に一旦、血小板は数が減ったりして心配になると思いますが様子をみても大丈夫だと思います。私の経験でもこういうことはよくありました、
質問者: 返答済み 1 年 前.
そうですか。
他の数値は上向きかけてきていたので、今日はPltも多少回復してきていないか期待していたのですが、昨日より更に減少していたので不安になっておりました。
DICの危険性等も聞かされていたので・・・ご飯も自らは食べようとはしないらしいですが、食べさせればすこしづつ食べてはいるようなので、しばらく様子を見ても大丈夫そうですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
ちなみに、
MCV 68
MCH 23.9
MCHC 35.1
で、この辺は術前とあまり変化はありません。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
CRPもずいぶんと下がってきているようですし、反対に手術してこれだけしか血小板が下がっていないのでDICのリスクはありますが、症状が改善してきているならあとは回復して、元気になると思います。手術をしたので、血小板が下がるのは当然です。それ以外の数値が下がらずに血小板だけ下がることもあります
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
分かりました!
少し安心できました、ありがとうございました!!

ペット についての関連する質問