JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

後ろ足が踏ん張れず立てない。寝ていて足が小刻みに震える。時たま立てるがふらふらとあるく。 深夜、寝室に来て歩き回り

解決済みの質問:

後ろ足が踏ん張れず立てない。寝ていて足が小刻みに震える。時たま立てるがふらふらとあるく。
深夜、寝室に来て歩き回り、具合が悪そうにした。朝、散歩に出る前におもらしをした。夕方、オシッコをしてその中に立ち上がれず倒れていた。その後、なかなか立ち上がれなくなり、またお漏らしをした。
夕食は起き上がれないがおじやを少し食べた。
今まで病気はないが、この夏フラフラと歩きお漏らしをした。食欲なく、後ろ足が弱っていたが、数日後、元気にな李、今日に至っていた。その時の症状と似ているが思いよう。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
今現在、眼が左右に揺れているなどということはないですか?
状況はある程度理解できましたが、具体的に質問内容が掻かれていません。具体的に何が聞きたいか書いていただいてよろしいですか?(何の病気か知りたい、どうしたらいいか?など)
質問者: 返答済み 1 年 前.
眼は揺れていません。なんの病気が教えてください。外科的なことなのかな以下的なことなのかわかればと思います。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
まず、文面だけで確定診断が下せるわけではありませんので、可能性の高いものということで上げさせていただきます。
柴犬の高齢の子でそのような症状を出すものとして一番多いのは「特発性前庭疾患」といわれる、平衡感覚をつかさどる部分の異常です。
これは実際になぜこのような病気が起こるのかはわかっていませんが、前庭といわれる、部分に突然異常が出てしまうため、ふらつきや起立困難が起こることがあります。
眼が揺れるとなるとかなりこの病気が疑われますが、揺れていなくてもこの病気であることがあります。
それ以外には脳炎やてんかん発作などの脳疾患の可能性もありますが、脳腫瘍や重度の脳炎では開腹せず徐々に悪化していくことが多いですので、症状が出た後に元気になったとなると、やはり前庭疾患である可能性が高いです。
てんかん発作は高齢になってから初めて出てくることはまれですが、てんかん発作の部分発作といわれるものではけいれんなどがなく、ふらつきや失禁のみということもあります。
基本的には内科疾患です。
脳腫瘍であれば外科疾患とも言えますが、動物では手術で取るというのはなかなか難しく、外科的に同行できないことが多いです。
ですので、前庭疾患が可能性としては一番高いですが、それ以外に、脳疾患(脳腫瘍や脳炎、てんかんなど)の可能性もあるでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.

もっと以前にだいぶ間をおいて2~3回痙攣するようなことがありましたが、癲癇症状だったのかもしてません。すぐ普通に戻っていました。治療方法はあるのでしょうか。

専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。
そうなるとその可能性もありますね。
てんかんには特発性てんかんと、症候性てんかんというものに分かれます。
特発性てんかんは真のてんかんで、通常は3歳くらいまでに発作が出てくることが多いです。
ですのでそのお歳で出てきたとなると、特発性てんかんの可能性は低いです。
一方、症候性てんかんは何か病気に伴って出てくるてんかん様発作です。
症状はてんかんと同じですが、奥にある病気が進行してきてどんどんひどくなってきます。
その奥にある病気としては脳腫瘍や脳炎が多いです。
治療としては、脳腫瘍であれば手術や放射線療法、もしくは抗がん剤、脳炎であれば消炎剤などで、発作を抑えるために抗てんかん薬を使うこともあります。
これらの病気はMRIをとるしか診断できませんので、全身麻酔が必要であり、そこまでする子は多くはありません。
これらの病気であれば完治はできませんが、薬である程度症状が出ないようにしていくことはできることが多いです。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問