JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

12月7日の朝かなりの血尿だったのでかかりつけの病院に行ったところ エコー検査で膀胱癌といわれました。腫瘍は16ミリ

質問者の質問

12月7日の朝かなりの血尿だったのでかかりつけの病院に行ったところ エコー検査で膀胱癌といわれました。腫瘍は16ミリぐらいですが尿道の近くで三角なんとかというところに出来ているらしく手術はできないそうです。これからなにを選択してあげたらあのこの為になるのかなやんでいます。犬は14才の女の子です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
尿検査などで、細胞の検査はされていますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
尿検査はしました。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
その結果、悪性のものと言われましたか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
まず、わんちゃんの膀胱にできるものは移行上皮がんと言われる悪性腫瘍と、ポリープなどの良性のものがあり、それによって治療法がかわります。
そのため、尿検査での細胞の検査が今後の治療法を決める上で非常に重要になります。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
返信いただけませんので、今の情報でお答えいたします。
先ほども書いた通り、膀胱の腫瘤には悪性腫瘍と良性腫瘍があります。
そして悪性腫瘍であれば積極的な治療が必要であり、良性腫瘍では様子を見ることも多いです。
その検査として、一番いいのは膀胱鏡検査ですが、麻酔が必要であり、またその設備を持っている病院は珍しいので、実際には行わないことが多いです。
一般的によくできるのは尿検査です。
尿検査は通常の尿の性状を調べるだけでなく、尿に出てきた細胞を検査して悪性の可能性が高そうか、良性の可能性が高そうか見るものです。
これは100%の診断精度ではありませんが、比較的わかりやすい細胞が出てきた場合はどちらの可能性が高いのか、わかることが少なくありません。
膀胱三角部の場合は手術はかなり難しいので、実際にはお薬での治療になります。
カルボプラチンやミトキサントロンのような抗がん剤、あるいは、ピロキシカムといわれる消炎剤も抗がん剤と同じくらいの効果があるといわれているので、それらを使いつつ、癌が進行しないようにしていくことになるでしょう。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
他に聞きたいことはありますか?

ペット についての関連する質問