JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

かかりつけの動物病院で足の腫瘍が悪性であると診断されました。 取りあえず1週間後に主要部分を切除するが、その後は大

質問者の質問

かかりつけの動物病院で足の腫瘍が悪性であると診断されました。
取りあえず1週間後に主要部分を切除するが、その後は大学病院で放射線治療をしてくださいと言われましたが、大学病院までが遠くて連れて行くことができないとおもいます。
違う治療法はないのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
もう少し情報をください。
1.悪性腫瘍も腫瘍の種類により治療法が変わることがありますが、何の種類の腫瘍といわれましたか?
2.外科手術のみで治療できない理由は腫瘍の種類だとか大きさが大きすぎるからとかどのような理由でしょうか?
よろしくお願いします。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、少し席をはずします。
必ず今日中に回答いたしますので、返信してお待ちください。
よろしくお願いいたします。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
またオンラインに戻りました。
返信いただけませんか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
返信いただけていませんが、とりあえずお話いたします。
まず最初も書きましたが、腫瘍の種類によって効果のある治療法は変わってきます。
手術で完全切除ができるのであればもちろんそれに越したことはありませんが、それが難しいと述語の補助療法が必要になります。
その場合、
1. 放射線療法
これは効果のある腫瘍はかなり多いですが、おっしゃる通り、遠い、時間的に難しい、費用的に難しい、麻酔を何度も書ける負担が大きいなど様々な要因で断念することは仕方のないことです。
2. 抗がん剤療法
これは肥満細胞腫やリンパ腫などでは強い効果があります。また他の腫瘍でも分子標的薬やメトロのミック療法などある程度いろいろな腫瘍に聞くものもあります。
ただし、肥満細胞腫やリンパ腫など以外の腫瘍では効果は大きくはありません。
3. サプリメント、漢方
効果がどの程度あるかという正確なデータは出ていませんが、負担が少ないので、やってみて問題はないでしょう。
4. 免疫療法
活性化リンパ球療法や幹細胞療法など腫瘍免疫を高めて腫瘍を抑えるという治療があります。これらはまだ新しい治療なのである程度費用が高い(1クールで数万円かかります)のと、効果が劇的にあるというものではありませんが、こちらも副作用はほとんどなく、負担もほとんどないので、やってみる価値はあります。
5. 断脚
脚に出来た悪性腫瘍で、外科切除が困難であり転移がない場合、一番確実な方法です。もちろん三本足になってしまいますが、よほど太てっているとか、脚の関節に異常があるということがなければそれで完治できる可能性が高く、通常の日常生活に支障が出ないことが多いのでお勧めできる方法です。
ですので、放射線が難しければ、まずは腫瘍の種類によっては2を試す。2が効かなそうなもので転移がなければ5をするというのが現実的です。3や4はどちらかといえば補助療法もしくはQOL(生活の質)を高める治療と思ってもらったほうがいいでしょう。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
解答はご覧いただけましたか?

ペット についての関連する質問