JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

merqryに今すぐ質問する

merqry
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業Ph.D
68561268
ここに ペット に関する質問を入力してください。
merqryがオンラインで質問受付中

チワワとダックスフンドのミックス犬で6才になります。2週間前くらいから右後ろ足をびっこ引いたりしていて、今では足を上

解決済みの質問:

チワワとダックスフンドのミックス犬で6才になります。2週間前くらいから右後ろ足をびっこ引いたりしていて、今では足を上げていることが多くなりました。家の床がフローリングで走り回ったりジャンプしたりするので心配です。後ろ足をかばっているせいか、左後ろ足に負担がかかり方向転換するときに足を捻ってしまうこともあるようでキャンと啼くときもあります。地元の獣医さんに聞いても骨には異常はないとのことで、レントゲンなどは撮ってません。立ち上がり時や寝起きの時は特に起きずらそうにしていて心配です。ご助言いただけますようお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  merqry 返答済み 1 年 前.
こんにちは。
6歳のワンちゃんで2週間前から右後肢を挙げていることが多いとのことですね。
ご記入いただきました文章からは、だんだん症状が悪化してきていること、安静にしていないとのことですね。
2週間まえの受傷時は、先生による触診で骨の異常はないと思われるとのことですが、たとえ骨に異常がなくても靭帯や腱、筋肉を痛めている可能性は高いため、安静にしていませんと症状の改善は見込めないです。ジャンプやすべりやすい床の上での運動をしていると改善しないばかりか悪化することもあり得ると思います。
2週間経過して症状の改善が思わしくないことから、主治医の先生にご相談のうえで、やはり一度レントゲンを撮って骨などに異常がないことを確認されることをお勧めいたします。
もしそれで、異常がないようであれば、今後はしばらくサークルなどに入れてあげて運動制限をしてあげることをお勧め致します。
今まで運動制限していなかったので、まずは運動制限をして様子を見たいということであれば、1週間を目安にして運動制限されてみるのも悪くないと思います。
ジャンプさせないようにすることや、散歩につきましても抱っこして連れ出してあげておしっこやうんちが終わったらまた抱っこで連れて帰るほどの厳密さで安静に努められることをお勧めいたします。
基本的には症状が悪化していてワンちゃんが辛そうにしている場合には、やはりすみやかにレントゲン検査をされることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。やはりレントゲンを撮って確認してもらうようにします。
それとは別に前足を舐めたり、床を舐めたりする癖があるのですが、ストレスからくる行動なのかわかりません。よろしければこちらの癖のことも教えていただけないでしょうか。
専門家:  merqry 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
前肢や床を舐める行動があるとのことですね。
前肢を舐める場合の可能性としましては、その部分に皮膚炎などの炎症がある可能性がありますし、皮膚アレルギーで痒みがある場合も可能性としてはあるかと思います。
同じ足の同じ個所を舐めるということであれば、まずはその部分の状態を先生に診ていただき、異常がないのであれば、ストレスからくるものの可能性も考えるいうような考え方がよろしいかと思います。
また最初は暇をもてあまして前足を舐めていた場合でも、それが癖になってしまったり、あるいは舐めすぎて皮膚炎になってしまい、その結果余計に気にするようになってしまっている場合もあります。そのような場合はやや複雑になりますが、まずは傷や炎症がある場合にはそれをしっかり治療してみて、皮膚の状態が改善しても、舐める症状が変わらない場合には、癖になっている可能性を考えることになります。
犬のように精神性の高い動物の場合には、もしストレスが原因として予想される場合には、やはり一番には生活環境の改善が必要になると思います。
薬はあくまでも補助的なものなので、薬で治すということではないということになります。
食事などが原因でアレルギー性皮膚炎になっている可能性がある場合には、食事内容を変更する必要がありますので、また違ったアプローチが必要です。
床については、吐き気がある場合、発作の前兆、のどの渇き、などの可能性もあります。
もし飲水ボトルでの給水をされるのであれば、お皿による自由飲水に変更されることをお勧めいたします。吐くことが時々あるとのことであれば、レントゲンやエコー検査をされることをお勧めします。検査でさしたる異常がないのであれば、ガスターなどの制酸剤を飲ませてあげると症状が改善する場合があります。
発作の可能性は、普段てんかんの持病がないのであれば、その可能性は低いと思います。
ストレスによる行動異常の可能性もあるかと思います。その場合には、やはり生活環境の改善によるストレスの原因の除去や低減に努めることをお勧めします。
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業Ph.D
merqryをはじめその他2 名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
詳細なお返事ありがとうございます。前肢のことも含め病院に行こうと思います。ありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    1
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    0
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    183
    臨床家
  • /img/opt/shirt.png merqry さんのアバター

    merqry

    獣医師

    満足した利用者:

    177
    北海道大学獣医学部卒業Ph.D
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    16
    小動物のの臨床医療を16年しています。
  • /img/opt/shirt.png crest さんのアバター

    crest

    獣医師

    満足した利用者:

    14
    国内獣医科大学卒業院長経験あり
 
 
 

ペット についての関連する質問