JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは。早速質問させていただきます。10歳のイングリッシュコッカーメスですこのところ吐き気を催します白ものは黄色

質問者の質問

こんばんは。早速質問させていただきます。10歳のイングリッシュコッカーメスですこのところ吐き気を催します白ものは黄色い液だったり白い泡のようなものです。今さっき、何かを履きたくて必死にはこうとするのですが、なかなか吐けずにいます。苦しそうにゼーゼーと息を荒くしています。
その後トイレ周辺をウロウロし、うんちをシートの上で踏ん張るようにしました。うんちの固さはしっかりとした個体です。最後のほうは水っぽい柔らかいうんちになっています。私終わった後もしばらく踏ん張った体制を続けていています。
吐き気を催すのは大体夜中から明け方が多いです。かかりつけの獣医さんには、空腹による吐き気かもしれないので食事の時間をの間隔を2回から3回に分けるように言われて実行していますが、白回数が減ったような気もしますが吐くことには変わりはありません。何か内部に原因があるのかもしれないとは思うのですが、このような症状は何が原因なのか教えてください。
これから夜間対応可能な動物病院に行こうと思っています。がなかなか電話が通じないでいますのでアドバイスがありましたらよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
確かに空腹時の嘔吐は胃酸の出すぎであることが多いですが、高齢になってからである場合はそれだけが原因ではないでしょう。
フードを吐くことはないですか?
それから、便に血が混じるなどということはありませんか?
また、病院では何か検査をしてもらっていますか?していれば、結果を教えてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。
フードは吐きません。血便もないです。獣医さんでは、吐き気どめの注射をして様子見にしていました。以前は、黄色い液体を吐くと、時々小さな赤い血が一つ、二つ混ざることがありました。最近はつばのような液体が多いです。
どうも、うんちをする前に吐き気を起こしているようです。
いかがでしょうか?
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
そうですか。
それから、検査に関してはいかがでしょうか?
何か検査はしていますか?
それと、便が固すぎるとか、大きすぎるような感じは受けませんか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
血液検査はしましたが、異常値は無かったようです。
ベンの大きさは以前と同じようです。一回目が太いのが出たあとは細いのを1、2回します。
なんとなく、食事する時の食べる音が以前と違う気がしています。歯石とかはひどくはないとは思うのですが、よく見てません。
食欲は、相変わらず旺盛です。
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
お話を聞いていると気張りすぎて嘔吐してしまうのではないかと感じます。
ワンちゃんは便秘で吐いてしまうということも多いです。
便秘の原因はいわゆる便秘症というもの以外に、会陰ヘルニアや腸の腫瘍などでも起こってきます。
膣の腫瘍などが原因となることもたまに見られます。
それ以外の嘔吐となると、胃腸炎や膵炎、胃腸の腫瘍、IBD(炎症性腸疾患)などがかかわってくることがあります。
今現在それほど嘔吐がひどかったりぐったりしていなければ病院で診てもらわないといけないということはありませんが、状態が悪ければ行ってもらったほうがいいでしょう。
病院では超音波検査と直腸検査はしてもらったほうがいいかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
今は落ち着いた様子で、お腹を出して大の字で寝はじめました。
明日まで、様子を見てから、獣医さんに見ていただきます。超音波検査が出来る病院かどうかわかりませんが、相談してみます。ありがとうございました。
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか。
それは良かったです。
場合によっては内視鏡検査などが必要になるかもしれませんので、必要があれば紹介してもらったほうがいいでしょう。
お大事にしてください。

ペット についての関連する質問