JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

先日、うちの13歳ラブラドールが扁平上皮ガンと診断されました。 抗がん剤は効果がなく、手術しか治療法がないと言われました。

解決済みの質問:

先日、うちの13歳ラブラドールが扁平上皮ガンと診断されました。
抗がん剤は効果がなく、手術しか治療法がないと言われました。
CTと手術の2回全身麻酔が必要とのことで、どうするか迷っています。
その後、患部(下顎)の切除のみ部分麻酔でしていただけることとなり、予約しています。
今回、セカンドオピニオンで尋ねた病院で、最後の砦といわれるくらいの名医に診てもらっていますが、手術した場合のリスクやしなかった場合の今後の対処方法とか全く説明してくれません。
私としては、なるべく手術は避けたいと思っています。
既に転移してる可能性もあり、それだけでも調べて欲しいのですが、
レントゲンは撮ってもらえませんでした。
進行具合もわからず、手術しない場合の相談も出来ず、
どうしていいのかわかりません。
手術しない場合の対処方法、食事や気をつけること、病気が進行していった場合の
治療法を教えてください。
大型犬ということもあり、なかなか病院に連れて行けないので、
病院に、まずは飼い主が行って相談するということは
できますか?
何回も病院を転々とするのはいやですが、今の先生には、相談できません。
次の病院で最後まで見てもらいたいと思うのです。
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
まず、扁平上皮癌は確かに言われた通り、抗がん剤は効果がなく、手術かもしくは放射線治療が必要になります。
扁平上皮癌の診断はどのようにされましたか?
また、下顎の切除は部分麻酔ではまず無理だと思いますが、一部分の切除ということでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
下顎に黒いしこりを見つけたので、いつも通っていた病院に行ったら、全身麻酔しないと検査出来ないといわれたため、今の病院をたずねました。
部分麻酔で細胞を切除、病理検査に出してもらうことができ、その結果、先の診断となりました。
今回の顎の腫瘍を部分麻酔で切除することは、私が全身麻酔に躊躇してたので、「あまりいい方法ではないけども」と前置きされ、提案されました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
下顎に黒いしこりを見つけたので、いつも通っていた病院に行ったら、全身麻酔しないと検査出来ないといわれたため、今の病院をたずねました。
部分麻酔で細胞を切除、病理検査に出してもらうことができ、その結果、先の診断となりました。
今回の顎の腫瘍を部分麻酔で切除することは、私が全身麻酔に躊躇してたので、「あまりいい方法ではないけども」と前置きされ、提案されました。
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
少しお待ちください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答いただけますか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
はい、申し訳ありませんが、あと30分ほどお待ちください
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、遅くなりました。
まず、転移に関してなのですが、一般的に扁平上皮癌は肺への転移は多くはありません。
所属リンパ節(下顎であれば、下顎リンパ節や咽頭リンパ節など)への転移が一般的ですが、それはレントゲンではわからないのでおそらくとってないだけかと思います。
お願いすればレントゲンを撮ってくれるとは思いますよ。
ただし、それで転移の評価はおそらく不足で、CT検査がやはり必要です。
それから、手術に関しては、根治を狙うものと今の症状を抑えて生活の質(QOL)を上げるためのものふたつにわかれます。
これは腫瘍がどの程度広がっているのかCTでみてみないとどちらになるかはわかりません。
もし、今痛みがあるとかご飯を食べにくいということがなければ、根治を目指す以外の手術をするメリットは多くはないでしょう。
扁平上皮癌は基本的には局所浸潤が強いので、そのままにしておくと、大きくなって食べにくくなったり、潰瘍や壊死、感染による痛みや出血によりQOLが落ちてしまうことがあります。
どれくらいでというのは難しいですが通常、2.3ヶ月から半年くらいでそのような症状が出てくることが多いです。
食事に関しては特別はありませんが、一般的にがん細胞は炭水化物を栄養源とし脂肪分を栄養として使えないと言われているので低炭水化物、高脂肪の食事を与えてもらうといいでしょう。
返答遅れて申し訳ありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
今度、下顎の腫瘍切除の手術を部分麻酔でしてもらうことになっています。それは、あまり意味のないことなんですか?
もし、CTを撮った結果、すでに転移がみつかれば、手術も出来ないということですか?
専門家:  Japavet 返答済み 1 年 前.
意味のないことではありません。
それで完全切除ができる可能性があるのであればやる価値はあるでしょう。
ただし、すでに転移があった場合、もしくは完全切除が難しいのであれば、その手術は食べにくいとか痛みがある場合に意味はありますが、病気を治すという意味はなくなります。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問