JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Pinapple109に今すぐ質問する
Pinapple109
Pinapple109, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 48
経験:  臨床獣医師
61112888
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Pinapple109がオンラインで質問受付中

おはようございます。 現在オカメインコ8ヶ月の恐らくメスの子がいます。 くしゃみをし、鼻水も出て、片目を定期的に

質問者の質問

おはようございます。
現在オカメインコ8ヶ月の恐らくメスの子がいます。
くしゃみをし、鼻水も出て、片目を定期的に閉じ、くちばしの付け根部分にできもののような物が出来てました。
先日近くの鳥専門医師に診せたところ気管系に何か以上が見られるので抗生剤を投与するように言われて4日間ほど続けた所とても良くなったので投与をやめました。
ところがが昨日の夜中にオカメパニックらしき事がケージの中で起こり、それから異変が見られます。
一番驚いたのは昼寝していて起きると両目とも瞑ったまま5分ほど開かずに怯えてます。
今も片目を瞑ったりの症状がたまに見られます。
くしゃみの頻度はほぼ無いに近いです。
くちばしの付け根にはまだ出来物があります。
体重は90前後と特に激減はしておりません。
温度管理はしっかり30度をキープしており、湿度も40程で保ってます。
餌はシードとペレッドを別皿でおいております。
1週間前の糞検査では異常は見られませんでした。
環境はセキセイインコ2羽とオカメ雛1羽と1年半のオカメが1羽をクローゼットの、中にケージを入れて寝る時は暗くしております。
昨日から抗生剤の投与を再開しております。
質問としてはこのまま投与し続けても良い物か迷ってます。
抗生剤は善玉菌も殺すと言われてるので心配です。
また、オカメパニックらしき事はなんだったのか。
それが原因で再発したのか。
今後の対策をお教えください。
どうぞよろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: ペット
質問者: 返答済み 1 年 前.
写真を添付します。
専門家:  Pinapple109 返答済み 1 年 前.
こんにちは。通常、発情期を迎えたメスはろう膜の角化が進んで茶色く分厚くなっていきます。やがて発情が終わると剥がれ落ちます。この為、発情が続いているメスはろう膜が膨らみ続けます。オスがメス化する病気(精巣腫瘍)になるとろう膜は茶色くなります。以上の原因でなければ、呼吸器疾患(鼻腔炎)の可能性もあります。私が経験した症例は鼻腔炎によりろう膜破裂したり、治癒したり繰り返した子がいました。この場合は抗生剤投与が継続的に必要です。抗生剤長期投与でも、適切なものであれば問題ありません。私の患者さんは抗生剤投与により予後は良好でした。また、痛みや不快感によりパニックになったり、行動が変化したりすることもあります。ほかに内科疾患から2次的に起こることもありますので、精査してもらうことをお勧め致します。どうぞお大事になさってください。

ペット についての関連する質問