JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 昨日、不注意で私の爪が犬の目に刺さり、その眼をつむったりしょぼしょぼしており、 本日病院

解決済みの質問:

よろしくお願いします。
昨日、不注意で私の爪が犬の目に刺さり、その眼をつむったりしょぼしょぼしており、
本日病院で検査してもらいましたが、表面の傷はないとの事でした。
もともとぶどう膜炎で2週間前からベルべゾロンを点眼中で、爪が当たる昨日までは、眼のしょぼつきも濁りもかなりなくなりよくなって来たところだったのですが、
そんなときに不注意で爪が犬の目に強く刺さるように当たってしまい、1日たった今日も眼を辛そうにしょぼつかせていたり、片目だけつむっていたりします。
ごはんの時や、呼びかけた時はパッチリしているのですが。
2か月前にぶどう膜炎になるきっかけがあったときと同じ症状なのが気になっております。
眼が金具に強く当たり、その夜から今回と同じように、辛そうにしょぼつかせていたり、片目だけつむったり、パッチリしているときもある状況から始まりました。
その1週間後に眼が充血もあり眼科であらゆる検査でも異常なし充血は1,2週間で治るでしょうとの事でした。
そこから1か月以上経っても治らず、もう一度病院でブドウ膜炎の診断でした。
外傷受けて早いうちの診断がむずかしいという事かとも思うのですが、今回もそうかもしれないのではと心配です。
・傷がないのに辛そうにしょぼつかせていたり、片目だけつむっているのは今後様子を見るうえで、病院で診てもらううえで、気をつけるべきことがあれば、アドバイスお願いできますでしょうか。
・治りかけのブドウ膜炎の目をさらに強くぶつけた場合、内側の炎症がひどくなってしまう事もありますでしょうか。
・その場合の治療は今までと変化ありますでしょうか。
現在これまでステロイド点眼、クラビット点眼、抗生物質内服の治療です。ステロイド点眼中に細菌感染酷くなり、クラビットと抗生剤内服プラスしており、使い切ったらステロイド点眼のみに変えて量を減らしていく予定でした。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
目のしょぼつき等は痛みから起きてくることが多いです。
目の傷はその中の原因の一つに過ぎず、ブドウ膜炎や緑内障、結膜炎、角膜炎、胸膜炎など種々の眼疾患や炎症で起こってきます。
ですので、眼の表面だけではなく、奥など全体的に見てもらう必要があります。
ブドウ膜炎は外傷性の物であれば傷からばい菌などが入ることが原因ですが、そうでなければあまり一般的な原因ではありません。ただし、強い鈍性の外傷があれば可能性としてはあるかと思います。
基本的に、ブドウ膜炎が原因であればあまり治療は代わりません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

明らかに昨日ぶつけたこと辛そうなのですが、傷はなくても痛がる場合、内部のダメージによるものでしょうか。数日で治ったりもあり得ますでしょうか。

スリットランプ検査もしてもらいましたが、今日は大きな変化はないようでした。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.

角膜の傷はできたならすぐにわかりますので、初期でわからないということは有りません。

おそらく内部に鈍性のダメージが会ったのではないかと思います。

それは重症度によって違うので、なんともいえません。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

内部の鈍性のダメージとは打撲のような感じのものがうかぶのですが、

ぶどう膜炎もその種類になりますでしょうか。

他ありますでしょうか。

初期でわからず進行することもありますか。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
普通は鈍性の外傷のブドウ膜炎というのはほとんど出ませんので、正直わかりません。
可能性としてはあるということです。
それから、先ほど書いたとおり、角膜の傷は初期でもわかります。
ブドウ膜炎は初期ではわかりませんが、進行してくるものももちろんあります
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問