JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
merqryに今すぐ質問する
merqry
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業Ph.D
68561268
ここに ペット に関する質問を入力してください。
merqryがオンラインで質問受付中

目薬ベルベゾロンF(ぶどう膜炎)を点眼し、5分後にクラビット(細菌感染)点眼を1日3回しております。2種類になってか

解決済みの質問:

目薬ベルベゾロンF(ぶどう膜炎)を点眼し、5分後にクラビット(細菌感染)点眼を1日3回しております。2種類になってから4日目です。点眼後、毎回点眼前よりも白目の部分が充血というか真っ赤になります。効いていると考えるのか、2種類を混ぜることで問題があることも考えられますでしょうか。それか、どちらかが合っていないのでしょうか。
そういうものとしてよくあることなのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
チワワのワンちゃんで点眼後に白目が充血するとのことですね。
少々お尋ねしたいのですが、
ベルべゾロンFは点眼しはじめて何日経っていますでしょうか?
ワンちゃんは目をしょぼしょぼするとか床にこすり付けるなどの症状はありますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

目薬ベルベゾロンFは10日ほど前からです。しょぼしょぼは最初は激しかったのですが、かなりおさまり、時々くらいです。エリザベスカラーを10日前から24時間つけっぱなしですので、掻こうとするときもありますが、掻けない状態です。カラーの内側が食事の時に汚れるので、つけたまま時々アルコールで内側を拭いてはいます。掻こうとしたときにカラーに眼が当たることはあるかもしれません。

専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ベルべゾロンFの点眼薬はゲンタマイシンの点眼なので、副作用として目への刺激性から白目の充血などがでることがあります。
最初はその症状がでていなくてもしばらく点眼しているうちにでることもあります。
その場合は一旦点眼を中止して主治医の先生に目の状態を確認していただくことをお勧めいたします。
充血しているということはワンちゃんも少なからず点眼による目への刺激による痛みを感じているはずなので、明日先生に相談されることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

点眼後しばらくすると充血が落ち着くのですが、ベルべゾロンFの後にクラビットを点眼しているのですが、順番や開ける時間の問題は考えられたりもありますでしょうか。

専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ベルべゾロンFはブドウ膜炎による炎症を抑えるためのステロイド点眼ということですね。
そうしますと、クラビット点眼薬より目の刺激や痒みが出ている可能性が高いです。
開ける間隔としては5分以上開けていただければ問題ないですし、順番としてはより重要な点眼を後にすることになっていますので、この順番でよろしいかと思います。
最初の回答と違って申し訳ございませんが、
おそらくベルべゾロンFではなくて、クラビット点眼薬の方が目に刺激性があるのではないかと思います。
今後症状がより強く出てくるようになる可能性もあるため、一度主治医の先生にご相談されてみられることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

質問の種類がかわるのかもしれませんが、よろしくお願いします。

解答を待つ間にベルべゾロンFの副作用で検索したページがあり、

http://www.e-pharma.jp/allHtml/1319/1319813Q1057.htm

副作用の 2).のところで緑膿菌感染症の誘発とあるのをみました。

ベルベゾロンF点眼3日目に緑色の目やにが大量に出て両目に覆われ、緑色の目になったので検査に走ったところ、細菌感染との事でクラビットが処方された経緯なのですが、緑色の目やにはベルべゾロンFの副作用、緑膿菌感染症であることも考えられますでしょうか。

専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ベルべゾロンFはステロイド薬とフラジオマイシン(抗生剤)の点眼薬の合剤ですが、今回の主目的はブドウ膜炎による炎症を抑えるためのステロイド薬の点眼で、それにフラジオマシンも含まれているという感じです。
そのため、恐らくそのステロイドによって感染症が誘発されたために、クラビット点眼薬を追加で処方されたということだと思います。
感染性の眼脂は要は膿(その場合緑色の目ヤニになりやすいです。)なので、色だけで緑膿菌感染かどうかを判定することはできないですが、可能性はあると思います。
どのような細菌に感染しているかをより具体的に調べるためには培養検査をされることで分かったりしますが、クラビット点眼薬も広域性の抗生剤であるため、培養検査までしなくても今回の眼脂に有効である可能性はあると思います。
ただ、点眼薬として目に刺激性がある場合には、程度にもよるのですが、一度主治医の先生にその症状のことを報告されて、主治医の判断を確認されることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

緑の目やにが出た同じ日からおしっこの後緑色の膿が残るようになりました。抗生剤の飲み薬もクラビットとともに処方されて飲んで3日経ちますが、今も少し膿が続いています。おしっこの膿は診察時に伝えられませんでした。

次の診察時に、培養検査をお願いすべきでしょうか。他にも、どういった検査、対応をお願いするのがよいかアドバイスをお願いできますでしょうか。

専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
次の診察のときには、まずそのおしっこの膿の件はお伝えしていただくことをお勧めいたします。
その上で、主治医の先生に尿検査(通常の尿検査)をしていただくことをお勧めいたします。
感染症による膀胱炎の場合、抗生剤の内服でよくなることも十分ありますが、3日間では治らないです。
膀胱粘膜がきれいに置き換わるためには3週間位の時間がかかるためです。
そのため、まだ膀胱炎にその内服薬が効いていないかどうかを判定することも現時点ではできないです。
また細菌の培養検査をするためには、抗生剤を一旦中止(最低3日間と言われています)する必要があります。抗生剤を使用していると菌が培養しても増えてこないことがあるため。
従って尿については、飲み薬を飲みつつ薬を週1回位で尿検査をされてみて改善してきているかどうかをモニタリングされることをお勧めいたします。
merqryをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問