JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

初めまして、8月1日に腎不全と診断された12歳の雄猫ことで お聞きしたく思います 1日の体重ガ4.4K 点滴はすぐに開始しました 現在まで毎日通い点滴200CCプラス抗生物

解決済みの質問:

初めまして、8月1日に腎不全と診断された12歳の雄猫ことで
お聞きしたく思います
1日の体重ガ4.4K 点滴はすぐに開始しました
現在まで毎日通い点滴200CCプラス抗生物質1本
食欲が当初からなくおやつ程度のものを口にしてただけで
点滴から5日後にはすっかり食べなくなり強制給餌している状態です
1日の検査データは
BUN 140以上測定不能
クレアチニン 10.1
ヘモグロビン 8
血糖値 85
Na 150.0
K 4.0
Cl 118.0
最新のデータ 17日
BUN 66.3
クレアチニン 4.9
ヘモグロビン 7
血糖値 121
Na 154
K 3.1
Cl 116.0
点滴後11日五くらいから
また食べだし元気も出て棚の上からジャンプするとか
元気だったと思ったら
12日目の朝その前日に食べた缶詰を吐き
また固形物を食べなくなり
それから体がゆらゆらとしながらふらふら歩きが始まりました
前日あんなに元気だったのに
翌朝こんな状態になったので
点滴ときにどうしてか?と主治医に訪ねても
貧血のせいだろうとか言うだけで(*_*;
貧血にしては筋力やらもなくなったし
よろけながら歩きトイレにいったり
ほぼその行き来だけの最近の様子です
もしかしたら低カリウム血症かなときいても
それはないですねと言われ
納得していない自分です
現在強制給餌は、ダイエットチューブのキドナ1袋~1.5袋がメインで
ad缶をなめるほど量
全く不足しているんですけど
やはり貧血が原因なのでしょうか。。。。
よろしくお願いいたします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
すいません、ヘマトクリット(HtあるいはPCV)や赤血球数(RBC)がかかれていませんが、いくつですか?また、貧血の治療はされていますか?
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
それから、他にレントゲンや超音波検査などはしてもらっていませんか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

最新のデータですが
赤血球数489
赤血球容積25
白血球数64
血漿総蛋白7.7
ヘマトのなどの検査は出てないようです(*_*;
貧血の治療も今のところ特に
レントゲン、エコーもしていません

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
まず、その数値であれば、貧血でしんどいというほどではないですね。
ヘマトは赤血球容積ですね。
赤血球容積で20%を切ってこればふらつきや元気食欲の低下が起きることがありますが、今の数値では症状が出ないと思います。
カリウムの値は確かに低いですね。
軽度の低下ではありますが、食欲不振や元気の消失が出る可能性があります。
点滴のカリウム濃度を上げてもらったほうがいいでしょう。
それから、腎不全はありますが、それ以外に何か要因がある可能性があります。
症状からは心不全や、腹腔内の腫瘍などがあるために調子が上がってこないということも考えられます。
やはりレントゲンや超音波検査をしておいてもらったほうがいいでしょう。
調子が上がってこず、これ以上の検査や治療などが望めないのであればセカンドオピニオンを受けにいかれることをお勧めします。
どうしても改善できないこともありますが、よくなる可能性もあるので、他の病院で何かほかの原因や治療法がないかどうか聞いてみる価値はあると思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

どうもありがとうございました
次回行ったときにエコー、レントゲンなど
話してみて
してくれそうになかったらセカンドオピニオンに
行きます
丁寧な回答をありがとうございました

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
そうですね。
何かいい治療が見つかるといいですね。
お大事にしてください。

ペット についての関連する質問