JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

猫の左右瞳孔不同について 17歳の雌猫です。 4年前から甲状腺機能亢進症でメルカゾール内服中です。

解決済みの質問:

猫の左右瞳孔不同について
17歳の雌猫です。 4年前から甲状腺機能亢進症でメルカゾール内服中です。
最近少し痩せてきています。
左の鼻は慢性の鼻炎で常に少量の鼻血が出ています。左は涙目です。
今朝、左右の瞳孔が不同であることに気が付きました。左目が小瞳孔です。
元気食欲はいつもよりありませんが、食べることは食べました。
少しだけ動作が鈍い気がする程度で、ふつうに毛づくろいもしています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
基本的に瞳孔の左右不同は異常です。
原因としては、角膜潰瘍などの目の痛み、同行の収縮あるいは散瞳に影響する交感神経や風交感神経の異常(目の奥や胸の中の炎症や腫瘍など)が原因となります。
鼻炎がひどくてもなる可能性はありますが、鼻炎と思っていたものが実は鼻の奥の腫瘍という可能性もあります。
できれば一度検査をしておいてもらったほうがいいでしょう。
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
追加です。
ネコちゃんの甲状腺機能亢進症では多くないですが、甲状腺機能亢進症の原因が甲状腺がんであることもあります。
その場合甲状腺が大きくなって神経障害を起こして縮瞳を起こすことがあります。
質問者: 返答済み 2 年 前.
風交感神経とは?
腫瘍の場合、高齢なので手術とかしたくありません。
神経系の異常の場合、どんな治療法がありますか?
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
すいません、副交感神経の間違いです。
神経系の異常の場合、炎症や晴れを抑えるためのステロイド剤による治療が一般的です。
他にも感染であれば抗生剤の使用もあります。
あまり進行してしまってはお薬が効くものも聞かなくなることがありますので、まずは見てもらって相談してもらったほうがいいでしょう。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問