JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1343
経験:  臨床家
84238367
ここに ペット に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

一昨日、キャバリア11歳が明け方発作を起こして亡くなりました。 夜中からゼイゼイしていて、ご飯も食べずお座りの状態で苦しそうにしていました。 朝一で病院に連れて行こう思っていた

質問者の質問

一昨日、キャバリア11歳が明け方発作を起こして亡くなりました。
夜中からゼイゼイしていて、ご飯も食べずお座りの状態で苦しそうにしていました。
朝一で病院に連れて行こう思っていた矢先でした。
発作で倒れたのは初めてでそのままでした。
何かしてあげられることはあったでしょうか?
こんなにも、あっけなく亡くなってしまうとおっていませんでしたので
何もしてやれなかった自分が悔しいです。
なんとしてでもすぐに緊急で病院に行くべきだったと後悔しています
朝までは元気でしたのでちゃんと対処してあげていれば発作も落ち着いていたのではないかなと悔やまれます
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。

急なことでお悔やみ申しあげます。

キャバリアという犬種は心臓疾患が非常に多く、高齢になるに従い僧房弁閉鎖不全症を引き起こす可能性が高いということが知られています。

症状からは、心臓の弁を支える腱索という部分が切れてしまったことにより、僧房弁閉鎖不全症が急激に悪化して急性肺水腫という呼吸困難を引き起こす状態になり、亡くなってしまったのではないかと考えられます。

このような状態には、咳が出る等の症状が徐々に悪化していって起こる場合もあれば、今までほとんど症状もないまま急に起こってしまう場合もあります。

例え心臓のお薬をしっかり投薬していたりしても、急性肺水腫の発生というのは完全に予防する事はできないので、自宅では残念ながら行えることは安静にして涼しくするなどしかできる対処はなかったでしょう。

あまりに経過が急なので、すぐに対処を行っても予後は厳しかった可能性も高いですが、やはりできる事としては症状に気づいた時点で病院に行くのが最善だったと思います。

ペット についての関連する質問