JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

チワワ3.3キロです。ブドウ膜炎で目薬ベルベゾロンFを2日前から点眼になりました。非ステロイドの消炎の薬も内服中です

解決済みの質問:

チワワ3.3キロです。ブドウ膜炎で目薬ベルベゾロンFを2日前から点眼になりました。非ステロイドの消炎の薬も内服中です。目薬を極度に嫌がり、逃げ回り暴れるので、眼に的中せず、鼻や口、顔周りの毛にたくさんたれ落ち2日で目薬の容器の半分ほどになってしまいました。毎回鼻に4~5滴分ぐらいは入ってしまってます。先程は口にもたくさん入ってしまいました。今のところ、様子の変化はありませんが、どうしたらよいでしょうか。問題ございませんでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
それは心配ですね。
少量はいっても問題はありませんが、それが続くと良くはありません。
ですので、再度点眼方法をしっかり指導してもらう必要があります。
いまどのような方法を用いられているのかわかりませんが、前から刺そうとすると嫌がったり怖がったりする子は多いです。
ですので、やるのであれば、後ろから点眼してもらうのが一番です。
こちらにやり方が乗っているので参考にしてもらいhttp://takanahappy.blog.so-net.ne.jp/2013-05-03それでも難しければ病院で指導してもらったほうがいいでしょう。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

目薬の差し方、カラーをつけて後ろからと指導があり、最初だけ成功しましたが、その後は警戒するようになりより逃げ回るようになりました。リンク先のページもまさに今朝試してみた方法だったのですが、食べ物に近づきつつ警戒したまま逃げまわりました。最終的に主人が抱っこして押さえつけて私が目薬さしたのですが、顔を激しく動かすので、命中するまでに鼻や口に入ります。その都度ジャーキーなどご褒美は上げているのですが。

幸い目薬と飲み薬で効果が出始めており、次の診察が今週土曜日でして無理矢理でもつづけたいのですが、口や鼻からたくさん入り続けた場合、どういった事が最悪でおこったりしますでしょうか。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
点眼薬はステロイド剤です。
ですので、ステロイド剤を全身へ投与したのと同じ副作用が出る可能性があります。
どれだけ入ったかにもよりけりですが、多飲多尿や肝臓への負担、下痢、感染症に弱くなるなどの副作用が出る可能性があります。
なかなか点眼薬を嫌がる子は難しいこともありますので、よくなってきているのであれば、飲み薬だけで行けることもありますので、一度電話で聞いてみてもらってもいいかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

もうひとつ教えて下さい。

目薬をもし途中でや眼る場合、あるいは何日かに一回不定期にさしたりすることで、抗生物質の様に途中でやめた時に前よりひどくなったりなどの可能性はありますでしょうか。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
その可能性はあります。
それは重症度にもよりますので、病院に電話で確認してもらっておいた方がいいでしょう。
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
軽傷では飲み薬だけでも問題ないこともありますので、確認してみてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

もう出かける時間で途中切れになるかもしれませんが、よろしくお願いします。

抗生物質を飲ませていた時に聞き始めぐらいの時期に辞めてしまい、数日後症状がひどくなったのはその影響かもしれないといったことがあったのですが、ステロイドも抗生物質も素人では違いが分かりにくいのですが、同じような作用が出る可能性も考えられますでしょうか。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
どうして病気が起こっているかによります。
抗生剤は感染を抑えて症状を緩和しますし、ステロイドは直接炎症を抑えて症状を緩和します。
ですので、なぜ病気が起こっているかによって、どう薬が効くかはかわってきます。

ペット についての関連する質問