JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
merqryに今すぐ質問する
merqry
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業Ph.D
68561268
ここに ペット に関する質問を入力してください。
merqryがオンラインで質問受付中

4才の猫を育ててました。 どうしても腑に落ちないので、教えて頂きたいと思いメールしました。 始まりは2015.3.8

解決済みの質問:

4才の猫を育ててました。
どうしても腑に落ちないので、教えて頂きたいと思いメールしました。
始まりは2015.3.8 オシッコがでず、翌日の朝、病院へ
尿路結石と膀胱肥厚5日間の入院の後、通院にて膀胱洗浄、注射2本
を行くたびに4.7ハゲてるのを見つける。
膀胱炎は、3ヶ月かけて完治。
ハゲが治ったのにまたハゲ。
原因が分からないと言われる。
塗り薬と飲み薬を出される。
その夜、嘔吐。
翌日、病院に電話をしたら飲み薬の量を減らすように指示あり。
ずっと、病院ばかりでストレスでハゲたのかと思いましたが、
新たな下顎のハゲ?黒いツブツブで赤く腫れていた。
7.3急いで病院へ。
そこで、オシッコの量が多いし、食べてるのに痩せてきたことを
看護師さんに伝えたら、検査しますか?と言われたので、
お願いしたら、糖尿病ですと言われました。
食事療法で、糖コントロールを食べるように言われた。
ですが、食べると吐く。
7.5からは食べなくなり目に見えて衰弱。
点滴、注射、pHを調べる毎日。
7.7オゾン法を開始。
7.9からは自力でお水も飲むことなく、グッタリ。
お水は飲ませてと言われていたので頑張って私が飲ませていました。
7.10病院に行ったが点滴、注射、pH調べ、お腹に聴診器あてる。
7.11病院を変えようかと考えていたら8時28分息を引き取りました。
ウンチのような匂いと色の物を嘔吐
7.5に血糖値が高くて気持ち悪くなってる。
血糖値が下がれば吐き気もなくなり、食べられるようになると
言われました。
そこで、私が血糖値はいくつあるんですか?と質問したところ、分からないと
言われたんです。
分かるわけないですよね。
血液検査やエコー、レントゲン撮影全く何もしてないんですから!
そこで、家の子みたいになっても血液検査、エコー、レントゲン撮影は
しないものなんですか?
また、家の子は、本当に糖尿病だけで命を落としたんですか?
最後に吐いた物はなんだったんですか?
チャント分からないと家の子が可哀想。
私も納得出来ないと後悔ばかりで乗り越えられません。
支離滅裂で解りにくいかと思いますが、どうか、どうかよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
猫ちゃんが皮膚病になったときに処方された薬の名前を教えていただけますでしょうか?
糖尿病になってからの検査や治療はなぜなされなかったのでしょうか?費用的な問題などあったのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.
薬を処方されても、何も言わず看護師さんが、塗ってくださいとだけ、いいます。
どんな薬でもです。
金銭的ではありません。
チャント保険にも入っていましたから、、、
ですが、血液検査やエコー、レントゲン撮影は一切しませんでした。
私は、必要があれば、先生の判断で検査してくれるものと思っていました。
不信感が募り、他の病院に変えようかと思っていた矢先でした。
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
質問を質問で返し、その後、放置。
専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
飲み薬の種類が分からないため推測になりますが、恐らく処方された飲み薬はステロイドではないかと思います。
ステロイドは長期の投与によって、糖尿病を誘発することがあります。
また膵炎などの内臓疾患でも糖尿病になります。
他には遺伝的な背景で糖尿病になりやすい猫がいます。
食事の質も関係あると思います。
糖尿病になると細胞内に糖を取り込めなくなるため、その状態が続くと細胞が死んでしまいます。そのためインスリンというホルモンを注射して糖を細胞内に取り込ませることや血糖値が急激に上昇しないように調整された食事を食べさせて血糖値をコントロールする必要があります。
恐らくですが、これらの治療がなされていないため、猫ちゃんは糖を細胞内に取り込めない状態が続き、ケトアシドーシスという状態になってしまい、全身状態が悪化してお亡くなりになったものと考えらえます。
頂きました情報が限られているため、推測の部分が多いです。
もっと根本的には主治医の先生とご相談者様との間での意思疎通がうまく出来ていなかったことも問題としてあると思います。
その原因がどこにあるのかは主治医の先生からもご意見を聞いてみませんと何が原因でそうなったのか、判断しかねます。
merqryをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問