JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

先日、半年に1度の心臓の定期検診で経僧帽弁血流が1.2~1.4M/Sに上昇しているため 、肺水腫になる恐れがあると

解決済みの質問:

先日、半年に1度の心臓の定期検診で経僧帽弁血流が1.2~1.4M/Sに上昇しているため
、肺水腫になる恐れがあると言われました。
肺水腫になったらもう危険と言われたのですが、どういうことなのかよくわかりません。
ネットで調べると、肺水腫でも生きているワンちゃんの情報を見かけますが
うちの子の場合は、弁が切れる突発的なものの危険性が高いということなのでしょうか?
また、すごい咳が始まったらすぐに医者に連れて来てと言われましたが
皆務めているため、すぐに連れて行けるかどうか。
また、一度起こすと治るのは難しいかもともお話していただきました。
治らないなら、すぐにお医者さんに連れて行く意味があるのか?どういう処置をするのか、
肺水腫が起きたら本当にもう絶望的という事なのかどうかが気になってご質問させていただきました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
まず、心不全が進行すると肺水腫になるというのは間違いありません。
ただし、肺水腫になったらもう危険というのは、肺水腫になると命の危険があるということで、決して肺水腫になったらどうしようもないということではありません。
心不全により肺の血管のうっ血を起こすと、肺に水分が漏れてしまい、本来空気が入っているはずの部分に水がたまり、そのせいで呼吸困難を起こすものです。
肺水腫にも程度があり、軽度なものであれば咳が出るとか、呼吸が少し荒いなどということですみますが、重度なものであれば、呼吸困難から亡くなってしまうこともあります。
肺水腫は徐々に進行する場合と、押さえつけたり、シャンプーをしたりするなどのストレスなどがかかった時に急激に進行することがあります。
肺水腫が起きてしまった場合は利尿薬でのコントロールをしていくことでほとんどの子は安定してくれます。
ただし、心臓の状態を改善するというよりは利尿薬で肺水腫を治すあるいは再発させないようにするということにはなりますが、元気に生活できる子は生活できます。
その子にもよりますが、基本的には状況によってお薬を使い分けることで対処は可能であることが多いので、絶望的ということでは全くありません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

分かりました。肺水腫でも利尿剤を併用しながら頑張るワンコも多いのですね。

ただ、獣医さんの先日のお話では、なんとなく突然死のようなことが懸念されるようなお話でした。

今の所は肺もきれいらしいのですが、先生はすごく心配されていて、もし起きたら2時間位しか持たないかもとおっしゃってました。

もう、弁が良くないとも前に言われました。

心臓喘息の咳が出始めるかもとも言われましたが、それはもうだいぶ前からカーと痰を吐くような変な咳のようなものはしています。

もし万が一、急激に悪くなった場合、どのように対処すればよろしいのかと

家でしてあげられることが有りましたら教えていただきたいです。

病院に連れて行った場合、どのような処置になるのかもお願いします。

おかげさまで少しホッとしましたが、まさかの備えはしておきたいです。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
突然死の可能性もありますが、実際のところ、そういったことが起こる子のほうが少ないです。
基本的に急激に悪くなってしまった場合には根本的にはお薬を使わないと良くなりませんので、何かしたらよくなるということは残念ながらありませんが、とにかく安静にして、楽な体勢でゆっくりさせてもらうことが一番です(楽な体勢は自分で取りますので、無理に何かをすることはやめたほうがいいです)。
病院へ連れていった場合は基本的には利尿薬の投薬と酸素吸入になります。
落ち着いたら利尿薬の内服をスタートするというのが一般的なやり方です。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お答えいただくたびにホッとします。突然死の方が少ないと言うのは知らなかったので、ありがたかったです。

何度も質問すみませんが、心臓喘息と言うのは一度始まると、病院に連れて行き利尿剤で治療するまでの時間ずっと続くものなのでしょうか。

留守がちなもので、留守の間になっていて帰った時は収まってたとしたら気が付けません。どのようなものなのか想像もつかず、調べても良くわかりませんでした。本当に何度も申し訳ありませんがどのようなものなのか具体的に教えていただけたらありがたいです。

また、心臓喘息で死亡という事はないのでしょうか?

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
心臓喘息というのは正直なところ曖昧な言葉で、実際に医学用語としては微妙な言葉です。
一般的には「心不全によって起こる咳」全般を表すようですが、心不全によって起こる咳は
1.心拡大に伴う気管の圧迫
2.肺水腫
の二つの原因があります。
ですので、心臓喘息が何を表しているものかあいまいなので、何とも言えませんが、通常、ワンちゃんで止まらない咳が出るのは肺水腫です。
基本的に肺水腫は利尿剤を使わないと止まりません。
心不全がある以上、突然死というのは常に可能性はあります。
ただし、よほど何かが急激に悪くならなければ基本的にはしっかり状態を見て悪化があれば病院に連れて行ってもらえば、安定させることが可能なことが多いです。
とにかく、身体的・精神的なストレスをできるだけ与えないように生活してもらうのが一番です。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問