JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。 柴犬(13歳)、今月9日に、乳腺に しこりを見つけました。 しこりはまだ小さめ(1センチ以内

解決済みの質問:

はじめまして。
柴犬(13歳)、今月9日に、乳腺に しこりを見つけました。
しこりはまだ小さめ(1センチ以内とその横に5ミリくらい)あります。
かかりつけの動物病院から
乳首から、少し汁も出ているので、乳腺炎のうたがいもあるとの事で、
8日間、抗生剤を飲ませてみましたが、、しこりの大きさは変わりませんでした。
腫瘍は良性か悪性か、切って検査をしないとわからないという事でした。
定期的に診察を受けて、このまま大きさが変わらなければ、
手術は秋口の気候がいい時期の方が、夏場の暑さを考えると負担が少ないが、
大きくなるようなら早めに手術した方がいいという事でした。
避妊手術はしていません。
今年1月に、子宮蓄膿症の手術で卵巣も全てとったばかりです。
子宮蓄膿症の手術は、比較的に早期発見だった事もあり、
術後の回復も早く、現在は元気に走り回っています。
いつもどおり食欲もあります。
すぐに手術をした方がいいのか、
秋口まで様子をみながら決めた方がいいのが
悩んでいます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
私の経験からお話いたしますと、それほど急ぐ必要はありませんが、ほとんどのケースで最終的には手術が必要になるので、早めに手術をしてもらったほうがいいということです。
ワンちゃんの乳腺腫瘍は良性悪性50%ずつといわれていますが、良性のものでも悪性転化することもあり、しばらく大きさが変わらなくても、急に大きくなって来たり、その他の部位に悪性乳腺腫瘍ができることも多いです。
確かに乳腺炎の可能性もありますので、抗生剤で小さくなるかどうかは見てもいいですが、それで小さくならず少し大きくなるのであれば、やはり手術が必要になります。
手術から体力の回復ができていないとか、何か血液検査で異常が出ている、あるいは心臓などが悪く麻酔のリスクが高いなどの場合であれば別ですが、そうでなければ、待つ意味はあまりなく、やはり大きくなる前に手術をする方がいいかと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

手術で切除する範囲は、どのくらいが適切でしょうか。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
それは今のところコンセンサス(統一された意見)はありません。
小さな良性のものであれば、部分切除でも特に再発率は変わりないとは言われてはいますが、やはり広範囲の切除のほうが再発は防げる可能性もあります。
年齢からは、あまり長時間の麻酔はしない方がいいのではないかと思いますので、小さい単一のしこりであれば、部分摘出あるいは3乳房切除くらいでもいいのではないかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

3乳房切除とは、

しこりのある乳房の両隣という事でしょうか。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
犬の乳房は通常5つあり、
上の3つ、下の3つ(真ん中は上にも下にもかぶっています)が比較的近い関係があるといわれています。
ですので、上の方にある場合は上3つ、下の方にある場合は下3つの切除をすることは多いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

有難うございました。

早めに切除する方向で考えたいと思います。

ペット についての関連する質問