JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

11歳の雌猫です。 脇腹から足の付け根にかけ、ソフトボール大の硬くてゴツゴツした腫瘍が大きくなってきています。細胞

解決済みの質問:

11歳の雌猫です。
脇腹から足の付け根にかけ、ソフトボール大の硬くてゴツゴツした腫瘍が大きくなってきています。細胞診では腫瘍細胞は見つからず、原因不明とのことですが、
だんだん大きくなってます。
乳腺ではないと言われました。
元気もありますが、最近は邪魔ならしく、歩き方が少し歩きにくそうです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
鼠径ヘルニアではないといわれていますか?
こちらに鼠径ヘルニアの写真が載っています。http://www.warabee.jp/weblog/doubutsu/2011/04/post-3.html
質問者: 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございました。鼠径ヘルニアについては全く言われませんでした。硬くイビツで筋肉に張り付いている感じで、動きません。原因は不明だが手術となると足が一本無くなるかも。。。と言われました。
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか、そうなると鼠径ヘルニアではない可能性が高いですね。
場所的には鼠径ヘルニアが疑わしい場所ではありますが。
それであれば、まずは生検をしてもらう方がいいかもしれません。
針生検ではわからないものでも、ツルーカット生検といわれるもう少し多めの組織をとる生検であれば、原因がわかるケースが多いです。
針生検と違い、痛みや出血を伴いますので、鎮静が必要ですが、まずは原因が何なのかを把握したうえでどの程度大きい手術が必要かどうか判断してもらう方がいいのではないかと思います。
良性のものであれば、足をとらなくてもいい可能性もありますので、原因を探れるのであれば、できる限りしっかり検査をしてもらったほうがいいでしょう。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございました。病院を変えることも考え、希望を持って付き合ってみようと思えました。また何かありましたら質問させていただきます。
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
はい、いい治療が見つかるといいですね。
お大事にどうぞ。

ペット についての関連する質問