JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1258
経験:  臨床家
84238367
ここに ペット に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

18才の雑種の雄猫です。1ヶ月ほど前に咳が良く出るようになり、その際のレントゲンでは何も写らなかったのですが、その後

解決済みの質問:

18才の雑種の雄猫です。1ヶ月ほど前に咳が良く出るようになり、その際のレントゲンでは何も写らなかったのですが、その後も咳は治まらず、先日口呼吸をするようになりあわてて病院へ。今度はのどに何か陰がありました。
詳しく調べるには麻酔下のCTなどを取らないと行けないのですが、18才という高齢、またのどになにかあるため万一チューブが通りにくい場合、最悪そのまま息を吹き返すことがないとも説明を受けました。
以前飼っていた猫の鼻のガンで治療したのですが、1年半ほどでなくなりました。
ですので、今度は過度の治療はやめておこうとずっと思っていたのですが、呼吸ができずに苦しむのはつらくなります。
他の内臓も、心臓も問題ありません。
CT検査えお受けるべきか、このまま天寿だと思ってケアをするか迷っています。
年齢が年齢なので何があってもおかしくはないとは頭では理解しているのですが、いざとなると揺れています。
今のところステロイドの投与と、万一の時のため酸素発生器をかりています。酸素を止めていても落ち着いていることもありますが、たまにのどの音がしています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

CT検査に関しては手術など積極的に治療していく場合は必要かもしれません。
腫瘍などがどこまで広がっているかや、取りきることができるのかなどの情報を得る事はできるかもしれませんが、手術を行う場合でも最低2回は麻酔をかけなければいけないリスクがあります。

18歳となると人では90歳位に相当しますので、個人的には麻酔のリスクの方が大きいのではないかと考えています。

色々と検査はされていると思いますが、のどの問題のある部分を針で刺して細胞をとる検査は行っていますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

細胞を取る検査は行っていません。それは麻酔をかけなくてもできるものなのでしょうか。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
のどのどのあたりの部分かにもよりますが、皮膚ごしに触ってわかるような場所であれば麻酔をかけなくても検査可能です。
atlus302をはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問