JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

8月で10歳の男の子のシュナです。 4月に 肉腫と診断されましたが、血液検査(貧血)で手術できず、1日おきの

解決済みの質問:

8月で10歳の男の子のシュナです。
4月に 肉腫と診断されましたが、血液検査(貧血)で手術できず、1日おきの 薬と、週に2~3回 通院して、水分とビタミン剤みたいな 注射をいたします。
あのこには QOL できるだけ痛みをとってあげたい旨お話してあります。
先週、特に夜 呼吸が荒いことをお話して、4月の体重6kg 今は7kg、体重が増えていることとと合わせて 先生が『次回、腹水抜きましょう』と言われ 今日予定だったのですが、CTで針をさす場所を確認しようとしたようなのですが、すでに内臓にイッパイ 腫瘍があり、2回ほど針を刺したようですが腹水を取るまでにはいかなかったそうです。それで、おしっことして腹水がでる可能性があるとのことで 利尿剤の注射をしてもらいました。(先生からは 今月イッパイかも・・・と言われました。)
さっそく、おしっこはよくでていますが、今は ハウスで横になっています。見ていると、お腹のあたりがドッキンドッキンしていて 呼吸が早いです。もちろんつらいでしょうが、このような状態で あのこは ちゃんと眠れているのでしょうか?酸素のハウスもレンタル考えていますが、酸素ハウスの
外に出た時に そのギャップは あのこには つらいものなのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
おはようございます
ご質問ありがとうございます。
それはご心配ですね。
酸素室はやはり入ることで、楽になる可能性は高いです。
今現在呼吸が早いのが、呼吸が苦しいのか、痛みがあるからなのかはわかりませんが、すでにお腹の中に腫瘍がかなりあるのであれば胸に転移をしていてもおかしくなく、その場合は呼吸が苦しくなります。
また貧血も程度次第ですが、酸素をうまく全身へ運べなくなっている可能性が高いです。
酸素室に関しては、出たときにギャップが出ることもありますが、よほど呼吸が悪くなければ、ギャップがしんどくなるよりも、酸素が体に回ることでしばらく外に出ていても今より楽になる可能性が高いです。
寝ている時も中の方が楽なのは間違いないです。
ただし、酸素室の中に入れられるのを嫌がる子はいますので、嫌がって暴れてしまうとあまり意味がなくなってしまう可能性はあります。
私はQOLを考える場合、ステロイドやトラマドールなどの痛み止めを使用しつつ、胸への転移や貧血によって呼吸がしんどいなら積極的な酸素室の使用をしてもらったほうがいいと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速ありがとうございます。

やはり 残された時間は少ないので精一杯出来ることを・・・・

明日着で 酸素ハウス 手配いたしました。

これで夜 少しでも 寝られたらいいなと 思っています。

おまけで ちょっと 質問です。すみません。

①病院に通院するようになってから、しきりに  砂、コンクリ、石 を

なめるんですが、やらせないように(そのあと、吐きたがる)しているので

すが 、何か 意味があるんでしょうか?

②うちのこは このあと、どんな感じになってゆくのでしょうか?

外でしか、しっことうんこ してくれないこなので

(昨日の 利尿剤打ったあとからオムツさせました)

体力がなくなると、しっことか うんことか

おむつでも してくれなかったら どうしたら いいのでしょうか?

すみません。かかりつけの 先生にお聞きすればいいことですが、

その場だと つい、聞かなくちゃいけないこと、忘れてしまいます。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます、
酸素室で呼吸が楽になってくれるといいですね。
①石などを舐めるのは、異食症といって体の中の栄養分のバランスが崩れているとき、あるいは吐き気がある時に吐きたくてやっている可能性があります。
それで大きな石を飲み込んでしまうことや中毒物質を食べてしまうことがあるので、やめさせてもらったほうがいいでしょう。
②今後に関してはどこがどう悪くなっていくのかによります。
一般的には痛みやがんのしんどさから食べなくなって、そのまま弱っていくということが多いです。
嘔吐や下痢がひどく出る子もいますし、胸に水がたまって呼吸困難になることもあります。
おしっこが出なくなることは少ないですが、足の踏ん張りがきかなかったり括約筋の力が弱くなって、漏れ出てしまうようなことになることは多いです。
おそらくおうちの中でも我慢できずにしてしまうと思いますが、なかには抱っこして外に行ってさせるという方もいます。
おむつなどは必要になってくることは多いです。

ペット についての関連する質問