JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
merqryに今すぐ質問する
merqry
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業Ph.D
68561268
ここに ペット に関する質問を入力してください。
merqryがオンラインで質問受付中

今日、10歳で亡くなったパグの話です。殺されたと思っています。湿度が高くなる梅雨時期など特にでしたが、耳の中がジュク

質問者の質問

今日、10歳で亡くなったパグの話です。殺されたと思っています。湿度が高くなる梅雨時期など特にでしたが、耳の中がジュクジュクし始めるとA病院に耳掃除を依頼していました。綿棒ガーゼで汚れをふき取り必要であれば薬剤投与されて終了です。その治療自体には問題ないのですが今回相談させて頂いたのはその中の行為のひとつについてです。噛みつき癖があったので、治療時はいつもマスク(病院が用意するマジックテープ式)をつけていました。そのマスクを飼い主である私が装着したのですが緩かったのか少しずれてきました。また装着するよう先生から指示されたので装着しました。その後「もう少しきつくしときますね」と言い先生自身が締め直しました。そこで鼻が圧迫されたのだと思います。再び治療開始して数分後に全身脱力し舌を出したまま動かなくなりました。心マ等の延命処置が行われましたがそのまま息を引き取りました。治療に関する同意書はありません。内臓に関する持病はなく定期的に通院もしておらず投薬もしていません。今朝まで元気でした。訴訟起こしたいぐらい悔しくて悔しくて仕方ありません。先生方のご意見お聞かせ下さい。宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
10歳のパグちゃんを本日亡くされた件についてのご相談ですね。
少々お尋ねしたいのですが、
ワンちゃんのマスクをご相談者様が付け直すときのワンちゃんの呼吸状態はどんな感じでしたでしょうか?いつもと変わらず落ち着いていましたでしょうか?それともすでに興奮して呼吸は乱れ気味でしたでしょうか?
病院の先生からは最終的にどのような対応をしていただいたのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

つけ直した際の呼吸状態に乱れ等ありませんでした。マスクはメッシュ製でなくナイロン製です。マスクを最後に締めたのが先生だったので「強くしめすぎたからこうなったんじゃないんですか」と詰め寄ると「呼吸はできるようになっています」と。最後は「申し訳ありませんでした」の一言でした。治療中にマスクが何度も外れたのであれば強く締めるのも納得いくのですが1度だけです。再度装着する際に先生から「鼻のところまでして下さい」と言われたのですが鼻を出した状態でしました。すると先生自身が鼻を覆う状態で装着し直しました。

専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
お耳がグジュグジュしますと痛みが出てきますので、その治療の際にはワンちゃんは嫌がるため、噛んだりしてしまうことがしばしばあります。
そのため、治療をする場合にエリカラーをしたりマスクをして施術者が噛まれないようにすること自体は問題ないことです。
ただ、今回の場合マスクをしたことでワンちゃんの呼吸ができなくなったために窒息死の状態になった可能性は十分にあるかと思います。
主治医の先生も、申し訳ございませんでした、と謝罪されていることから、そのことはお認めになられているのではないかと思います。
ご相談者様にとっては大切なワンちゃんを亡くされたわけなので、十分な謝罪をお求めになられたいお気持ちはよく分かります。
獣医師も動物に万が一のことがないように細心の注意を払っていつも治療にあたっているのですが、どうしても不慮の事故が起きてしまうことがあります。
その場合は、飼い主様の納得がいくまで説明をさせていただき、誠心誠意対応させていただくことを心掛けております。
恐らくは主治医の先生も今頃は後悔の念でいっぱいではないかと思います。
ご相談者様もお気持ちの整理がまだつかない状態ではないかと思いますが、まずはしっかりとワンちゃんのご供養をしていただいて、それから改めて主治医の先生とお話しをする機会をお求めになられてみてはいかがでしょうか。
裁判などの問題もそうですが、それよりも主治医の先生からの心からの謝罪のほうが亡くされたワンちゃんにとって大切なことではないかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

訴訟起こした場合、医療過誤が認められる可能性が高いという事でしょうか?今思うと、なぜ通気性のないナイロン製マスクを鼻が隠れるほどする必要があったのか。なぜ鼻を塞いでおきながら呼吸状態を確認せずに治療にかかったのか。どんな思いで最期を迎えたかと思うと言葉になりません。

専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
医療過誤が認められる可能性につきましては医療関係を扱っている弁護士さんに相談されることをお勧めいたします。
ここの質問欄では動物医療の中でも主に病気の可能性や治療の必要性の判断についての説明をさせていただいておりまして、訴訟問題については扱っておりません。

ペット についての関連する質問