JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

かかりつけ医に定期的に通っています。このたびの体調不良で、獣医師の視診では、死を覚悟したほうがよいとのことでした。検査はないまま、エラスポールという注射と胃腸の改善の注射を始めまし

解決済みの質問:

かかりつけ医に定期的に通っています。このたびの体調不良で、獣医師の視診では、死を覚悟したほうがよいとのことでした。検査はないまま、エラスポールという注射と胃腸の改善の注射を始めました。毎日通って3日目に弛緩したような状態が見られ、4日目に昏睡状態になったため、飼い主がエコー・レントゲン・血液検査用、出来る限りのすべての検査を依頼したところ、肝硬変や黄疸などは起きておらず、アンモニア数値が非常に高いことが判明しました。しかし、アンモニアを下げる薬はないとのことで、自発的に大きな病院にかけこみ処置をうけました。
1、体調不良の犬に、飼い主が依頼しなければ検査をしないのは一般的ですか?
2、エラスポールとは、どのような薬ですか?アンモニアを上昇させませんか?
3、アンモニアを下げる薬は一般的には動物病院にはおいていないものですか?
4、他院を薦めないのは一般的ですか?
5、通常なら、体調不良の犬の診療は、どのような流れでしょうか?
その他、ご意見があればなんでもお聞きしたいです。どうぞよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます
1 先生の考えと技量、先生一人しか居なくて時間が無かった、一般開業の先生なので
状態の判断が出来なかった。またかなり悪かったので検査しても亡くなる可能性が
高いと考えたなどが考えられます。
あとは先生の考え方ですね。積極的にいろいろとしてくれる先生もしない先生も
居ます。
2 急性炎症性の疾患、特に肺の疾患で炎症を抑えるために使用する薬ですが
一般的にはアンモニアは上昇させることはないと思います
それよりは肝臓障害が出て、アンモニアが高いならその可能性は高いと思います
ただ可能性なので実際にはその影響に関しては不明です。
使ったことや使用しているのを見たことはありますが、特に問題が生じた経験は
ありません
3 アンモニアを下げるにはラクツロースなどの薬や点滴が治療になりますが
ラクツロースは持っていない先生も多いかもしれません
4 専門性のある病院はほぼ大学だけであること、紹介しても時間がかかる事
大学の対応が悪い、一般病院では法律上は専門性を出すことが禁止されている
人間のように細分化された専門医制度はないことなどからあまり
紹介することはないかもしれません
5 通常であれば、レントゲン検査や血液検査、腹部超音波検査、尿検査
血圧や心電図などが行われ、入院というのが最善ですね。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事有難うございます。

検査なく「死を覚悟したほうがよい」と言われたので、「なぜそう思われたのですか?」と聞くと、今までの病歴とその日の視診で、と回答がありました。日に日に容態が悪化し、依頼してやっと行った検査の結果はアンモニア数値が高く、他院の精密検査にて先天性門脈シャントが判明しました。

1、アンモニアは毒性が高く、脳症に繋がるため、早い処置が必要だと考えますが、それでも町のドクターは、アンモニアを下げる薬は一般的に常備していないものですか?

2、自院にアンモニアを下げる薬の用意がない場合、大学病院に通院歴があり、近隣に24時間の緊急病院があっても紹介はしないものでしょうか?

3、国家資格を持つ獣医師は、アンモニアによる不可逆的な脳ダメージについてご存知だと思うのですが、獣医師によってアンモニアの危険性を知っている方と知らない方がいらっしゃるのでしょうか?

以上、よろしくお願い申し上げます。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
1 持っていない病院は多いと思います。ただ早ければ翌日に入手可能です
2 それは紹介すべきだと思いますが、先生のお考えですね。
24時間病院がべらぼうに高いと紹介しづらい事もあります。
通常は紹介すると思うのですが・・・、何か過去にトラブルが有ったのかしれません
3 アンモニアの危険性は知っていると思いますが、まさか14歳で先天性の門脈シャント
症があるとは思わなかったのではないでしょうか
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

最後に1つ教えてください。

1、かかりつけの14歳の小型犬が、体調不良だといって町の病院を訪れた際は、どのような応対となりますか?はじめに頂いた回答のように、下記の流れでよろしいのでしょうか?

例)レントゲン検査や血液検査、腹部超音波検査、尿検査、血圧や心電図などの検査→処置→入院

よろしくお願い申し上げます。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
通常は上記の対応だと思います
ただ通常のクリニックでは検査機械が無い、診断技術もない場合もあるので
視診で治療ということもあるでしょう
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問