JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは。お世話になります。16歳の猫が 口腔内の扁平上皮癌になりました。 3月に手術後、現在までは緩和治療で

解決済みの質問:

こんばんは。お世話になります。16歳の猫が
口腔内の扁平上皮癌になりました。
3月に手術後、現在までは緩和治療で過ごしています。
他に4匹おりますが、
他の猫の残した物、または扁平上皮癌の子の残りを他の猫が食べるのは良くない
でしょうか。(よだれが出ています。フードにも垂れています。)
今のところ、朝晩の食事は気を付けているのでお皿はすぐに
片付けています。
週末に家を開けるため親に依頼していますが、事情は話しましたが、
お皿を片付けてくれるか心配です。
他の四ひきの予防接種は、13歳の猫は昨年末予定でしたが、まだ今年は未接種です。
7歳、6歳、5歳はもうすぐ接種予定です。この四ひきは口腔内に特に問題は抱えておりませんが、一匹だけ歯肉炎には注意と言われたことがあります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
人もそうですが、悪性腫瘍は感染するものではありません。
エイズなどのウィルスや細菌がかかわっているものであれば感染するリスクがあり、直接あるいは間接的な接触は控えたほうがいいですが、扁平上皮癌はそういうものではありません。
ですので、まったくそういったことは気にしなくてもよいです。
ワクチンはウィルス感染の予防ですので、接種の有無なども関係はありません。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問