JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

13歳トイプードルのメスです。数年前からBUNの数値だけが高く、腎臓サポート食とネフガードを与えながら定期的に血液検

解決済みの質問:

13歳トイプードルのメスです。数年前からBUNの数値だけが高く、腎臓サポート食とネフガードを与えながら定期的に血液検査して様子をみてきました。又、母犬が胆嚢粘液のう腫で胆嚢摘出手術したこともありウルソも服用していました。3ヶ月前にクレアチニン数値が1.2になりBUNも今までより上昇したためエナカルドの服用も始めました。
先週金曜日に嘔吐してぐったりしたので主治医の診察を受けたところ、BUN114、クレアチニン1.8と腎不全になっているといわれて入院し、リンゲル液の静脈点滴が始まりました。
2日後にはBUN52、クレアチニン1.1まで下がったため、朝から夕方までは病院で点滴、夜は自宅で休息…という生活を3日続けているうちにすっかり元気がなくなり、全く食事を食べなくなってしまいました。
食事しないせいか、もともと低めのアルブミン数値が1.9まで下がりこのままだと浮腫みが出る心配があるので、とにかく食事させるようにと言われても何を与えても食べようとしません。
昨日から皮下補液に変わり長時間病院で点滴につながれることはなくなりましたが、相変わらずぐったりして表情にも生気がなく食事も取りません。
仕方なく、腎臓サポート缶に犬用ミルク少々をミキサーにかけてドロドロにした物を少しずつ口に流し入れて食べさせました。
49まで下がったBUNも食事を取ると75前後に上がり、クレアチニンは1.4、アルブミンは2.1です。
血液検査の数値的には最悪の状態は脱しつつあるように見えますが、犬の様子を客観的に見ると日に日に衰弱しているのでとても不安です。
腎不全も心配ですが、ゼリー状の胆汁のせいで胆嚢スペースもなくなりつつあり、それも原因の一つなのかも知れませんが。
ぐったりしつつ、同じ姿勢で寝ていられず、しょっちゅう体位を変えているのは、どこかに痛みがあるのではないでしょうか
ちなみに超音波診断で結石などは見つかりませんでした。
主治医の先生もいろいろと治療法を検討しては下さっていますが効果が出ていない気がして、ほかの獣医さんに行くべきか悩んでおります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
腎不全にしては、BUNのみが高い期間が長かったり、BUN/Creが高いように思いますが、
1.心臓に関しては検査はしていますか?
2.副腎皮質機能低下症(アジソン病)や胃腸出血などはないでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答が不完全.
心臓やアジソン病などの問題はありません。
このような症状の時は一般的にどのような治療法を取られる
ものなのでしょうか。
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
まだ、質問の途中です。
それらの検査は行ったということですね?
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
それらの病気の県をしていないのであれば、まずはしないと治療方針が決まりませんのでご質問いたしました。
質問者: 返答済み 2 年 前.

心臓に雑音は少しあるようですが、アジソン病はありません。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか。
通常、腎性腎不全ではBUNとクレアチニンが同時に上がることが多く、BUNだけ先行して上がっているとなると、腎性腎不全以外の要因が考えられます。
心不全やアジソン病では腎血流量が低くなるためにクレアチニンよりもBUNの上昇が先行あるいは重度になります。
その場合、腎臓のみの治療ではなくて、根本的な原因の治療をしないと良くはなりません。
正直クレアチニンがそれくらいの数値で全身状態がそこまで悪化するとは思えませんので、心不全の治療やそのほかの病気が隠れていて状態が悪化しているためにそれらの治療を行わないといけないのではないかと思います。
まずは心臓の状態を雑音だけではなくて心エコー検査やレントゲン検査ではっきりとさせる必要があると思います。
また、通常の腎不全のみでアルブミンが下がることも多くなく、その場合にはタンパク漏出性腎症や胃腸疾患による胃腸出血などの可能性もあるので、それらの検査も必要でしょう。
心不全であれば強心薬や血管拡張薬などが必要ですし、他の病気であればそれぞれに対する治療が必要です。
腎不全の場合は基本的には点滴と電解質の補正がメインになりますが、それらはやっていると思うので、やはり腎不全の治療だけではあまり意味はないでしょう。
私は治療での改善が乏しいのであれば早めにセカンドオピニオンを考えられた方がいいかと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問