JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

2歳半のフレンチブルドッグです。3日前の夜、元気がなくなり触られるのを嫌がり、机の下でぐったりしていました。その後震

解決済みの質問:

2歳半のフレンチブルドッグです。3日前の夜、元気がなくなり触られるのを嫌がり、机の下でぐったりしていました。その後震えと荒くて早い呼吸になり、とても辛そうだったので、車で30分ほどの夜間救急病院に連れて行きました。着く頃には若干元気が出て、熱が339.5度と言われ、血液検査は炎症反応、白血球、肝機能、腎機能ともに正常でした。
2年前に腰椎ヘルニアで手術をしていますが、腰の症状もありませんでした。
皮下注射と解熱剤の注射を受け帰宅し、翌日からは少しづつ元に戻りつつありましたが、今日夜にまた同じように震えだし、はあはあと苦しげに呼吸を始め、怯えたような表情で耐えていました。うちわで仰ぎながら様子を見ていると、1時間ほどで呼吸は落ち着きましたが、ぐったりとして、微動だにせず横たわっています。
どこが悪いのでしょうか?あすまで様子を見ていいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
原因の可能性としてかんがえられのは
①椎間板ヘルニア
②脳炎や脊髄炎
③胃腸炎
④膀胱炎
などが主に考えられる病気です
痛みが激しい様子なら待たずにまた病院に行き、痛みどめを打ってもらうなど
した方が良いでしょう
質問者: 返答済み 2 年 前.

一昨日の夜間診療でも、ヘルニアの神経症状はありませんでした。

歩行も足の返りも変わりなく、以前ヘルニアをやった時のような痛がり方はありません。

血液検査でのCRPや白血球の増加もなく、炎症所見はありませんでした。

食事は、昨日も今朝もよく食べています。便もいい便が出ています。

尿も問題なく出ています。

まるで発作のように、ぐったりしたかと思うと突然震えと過呼吸になります。

今、少し目に力が出てきて、口元に餌を持っていくと数口食べました。

相変わらず、ぐったりはしていますが、触っても嫌がりません。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
痛みだけの症状である場合もあります
椎間板ヘルニアや脳脊髄炎など
またCRPは椎間板ヘルニアや脳脊髄炎では通常は上昇しません。
脳神経の病気は特殊なので、脳神経を得意としている先生以外では
神経学的検査などで兆候をしっかりと鑑別できない場合も多いので
何も無いことは有りません
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
私はGME(炎症性肉芽腫性脳脊髄炎)で頸部脊髄に炎症があり
痛みが生じているのではないかと思います
通常の検査で異常が認められないならMRI検査が必要になる可能性が高いでしょう

ペット についての関連する質問