JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

3歳くらいの雄(去勢済)体重4.6㎏の猫が、2日ほど前からくしゃみを連発するようになり、獣医師の診察を受けました。そ

解決済みの質問:

3歳くらいの雄(去勢済)体重4.6㎏の猫が、2日ほど前からくしゃみを連発するようになり、獣医師の診察を受けました。その時、抗生物質とネオマレルミン2mgという抗ヒスタミン剤を処方され昨日の夜と今朝に指示通り各1錠を呑ませました。 このネオマレルミン2mgは人間でも1日4錠くらいの量だと
知りましたので 猫に2mを1日2回飲ませていいのかどうか 不安を感じております。
また ネオマレルミンの副作用に「呼吸困難」とあり、現在 その猫が鼻で呼吸ができないのか、口を
開けて上を向くようにして口呼吸している状態なので この猫の現状がどうなっているのか心配しております。 食欲もあり、元気だった猫が急に様子が変わったので どんな病気が一番考えられるのかをお聞きしたいと思います。 ちなみに診察を受けた動物病院では特に考えられる病名などの
お話はなく 薬の処方だ気でした。 ご教示よろしくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
特に何か検査はしてもらっていませんか?
また、ワクチンは接種されていますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

検査については獣医師から何も提案がありませんでした。

飼い主の怠慢ですがワクチンは接種しておりません。

お返事お待ちしております。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
まず、ネオマレルミンはd-クロルフェニラミンマイレン酸塩といわれる物質ですが、これはネコちゃんは人よりも多く使いますので、用量としてはネコちゃんの標準用量です。
それで呼吸困難が出る可能性は高くはないです。
おそらく呼吸困難の原因はくしゃみが関係しているものと思えます。
くしゃみは何らかの原因で鼻炎を起こしている可能性が高く、ウィルス性やアレルギー性が考えられます。
ただし、口を開けて上を向くようにして口呼吸しているというのはかなり呼吸が苦しいときです。
重度の鼻炎の可能性が高く、そのままではしんどくなってきてしまうことも考えられます。
今現在食欲があるのであればもう少し様子を見てもいいと思いますが、食欲が落ちてきている場合は、連日の注射など積極的な治療が必要でしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございました。薬の量が適量であると分かっただけでも少し安心致しました。今はちょっと私はちょっと暑いですがストーブを点けて暖かくしながら様子を見ています。完全に横になり長く伸びた状態で口は開けたり閉めたりしながら寝ています。ウィルス性かアレルギー性かは採決などで簡単にわかるのでしょうか?とりあえず薬が5日分出ていますので それをきっちり飲ませ、それで症状が収まりきらない場合にどちらが原因なのかの検査をするということでよろしいでしょうか?
重ねてお返事お待ちしております。 宜しくお願いいたします。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
正直なところ、ウィルス性とアレルギー性の判別は難しいことが多いです。
ウィルス性は感染症ですので、
外に行く子
多頭飼
ワクチン未接種などの子で怪しくなります。
アレルギー性はそういったことがない子で可能性として高くなり
血液検査で好酸球が増えていれば可能性はさらに高くなります。
ただし、どちらも決定的な検査がないのが現状です。
とりあえず、食欲元気がそれなりにあるのであれば、お薬を飲みきるまで様子を見てもいいですが、それらがなくなるのであれば早めに積極的な治療を受けてください
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事感謝いたします。 この猫は外へ出る、多頭飼、ワクチン未接種にばっちり当てはまります。ご近所の猫とも一緒にいることがありますのでウィルス性が考えられるのでしょうが、しばらくよく観察して対処したいと思います。

ありがとうございました。

専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
はい、そうですね。
そうなるとウィルス性は怪しいです。
その場合はインターフェロンなどが有効になるかもしれません。
お大事にどうぞ。

ペット についての関連する質問